MENU

ニュース

『宇宙空母ギャラクティカ』『ナイトライダー』の生みの親グレン・A・ラーソンが亡くなる

グレン・A・ラーソン『宇宙空母ギャラクティカ』『ナイトライダー』など、数々の人気ドラマを1970~80年代に生み出した伝説的プロデューサーのグレン・A・ラーソンが、アメリカ時間11月14日(金)の夜、食道がんの合併症が原因で、カリフォルニア州サンタモニカの病院にて息を引き取った。享年77歳。The Hollywood Reporterなどが伝えた。

【関連記事】宇宙SFドラマに再び春が訪れるのはいつのこと?

1937年1月にロングビーチで生まれたラーソンは、1950年代、高校時代の同級生とともにボーカルグループ「ザ・フォー・プレップス」を結成して音楽デビュー。その後、TVドラマの脚本家に転身し、60年代に『逃亡者』の一エピソードに参加したのがドラマ業界デビューとなった。

そして、またたく間に実績をあげ、ドラマの企画者や製作総指揮者として、『警部マクロード』『Dr.刑事クインシー』『私立探偵マグナム』『キャプテン・ロジャース』『俺たち賞金稼ぎ!!フォール・ガイ』などのドラマを手がけた。また、ミュージシャンの経験を生かし、『ナイトライダー』などの作品でオープニング曲の作曲にも参加した。

ラーソンの訃報を受けて、Twitterではハリウッドから追悼のメッセージが多数発信されている。『ナイトライダー』で主演を務めたデヴィッド・ハッセルホフは、「ご遺族にお悔やみを申し上げます。彼は『ナイトライダー』のクリエイターであるとともに、友人でもありました。TVシリーズを同時に7本も持っていたこともありました。彼がいなかったら、キットとマイケルは存在しなかったのです」とツイート。

また、リメイク版『バトルスター・ギャラクティカ』の主演エドワード・ジェームズ・オルモスは、「素晴らしい作品で私たちを楽しませてくれたことに感謝します。あなたこそがバトルスターでした。寂しくなりますね。あちらの世界でお会いしましょう。そう、ここに願う。アダマ提督」とツイート。

そのほか、オリジナル版『宇宙空母ギャラクティカ』でアポロ役を演じたリチャード・ハッチや、『ハンニバル』クリエイターのブライアン・フラー、『BONES』クリエイターのハート・ハンソンなどが、追悼のメッセージを発信している。(海外ドラマNAVI)

Photo:グレン・A・ラーソン
(c)Orsoya Tucker/www.HollywoodNewsWire.net

キャサリンからひとこと

関連する記事

人気ニュース TOP3

ランキングをもっとみる

人気コラム TOP3

ランキングをもっとみる

この海外ドラマに注目!