MENU

海外支局
ライター:海外ドラマNAVI

LAS2017:お気に入り作品&俳優BEST5【TSURU編】

今年のLAスクリーニングは落ち着いた作品が多い印象です。

these are my best frands #pressdayandrosé #TheBoldType

thekatiestevensさん(@thekatiestevens)がシェアした投稿 -


『The Bold Type』より、アイシャ・ディー(中央)、ケイティ・スティーヴンス(左)メーガン・ファヒー(右)

20170831LASBNR02.jpg

■お気に入り作品BEST5

第5位『The Bold Type』(NBC Universal)

陰謀もミステリーもなく、女性に楽しんで見て欲しい作品。女性誌コスモポリタンを手掛けた伝説の編集長ジョアンナ・コールズの実話を基にしたドラマ。スカーレット誌の編集部で働くジェーン、カット、サットンの三人が仕事に恋愛に悩む姿が等身大に描かれていて、不思議とどのシーンを見ても共感してしまう。タイトルの"Bold Type"は「大胆な」という意味通りに、同性愛やイスラム教徒の人権、秘密の社内恋愛と仲良し3人が乗り越えてゆくストーリーがまさに現代的で、王道の展開故に安心して見ていられる。脇役(?)の編集長が、嫌みもなく超かっこいい。元気がもらえて、じんわり心が温かくなり、続きが見たくなるドラマです。

第4位『Valor』(CBS)

アメリカ陸軍の女性ヘリコプターパイロットのノラ・マダーは極秘任務先のソマリアで銃撃され、上官のギャロと彼女二人だけが帰還するが、そこで受けた銃弾の痕と心の傷が悪夢となって彼女を襲う。ソマリアでの出来事は極秘任務として隠蔽され、本当は何があったのかを話すことも許されない。そんな時にソマリアで行方不明になった同僚から家族へ電話が掛かってきてストーリーが動き出す。テロリストから仲間を奪還する作戦が始まるが、政府と軍の陰謀とノラの秘密に恋愛も絡んで、伏線はガッツリと盛り込まれている。ミリタリードラマというよりサスペンスな仕上がりになっているので、ぜひ女性に見て欲しい作品です。

第3位『The Crossing』(ABC)

のどかな海岸線が広がる漁師町の保安官ジュード(スティーヴ・ザーン)は"海岸に死体が打ち上げられている"と、連絡を受けて海岸へ向かう。砂浜に打ち上げられた数体の遺体の中の女の子の顔に手を当てると彼女は生きていた。よろこぶジュードが振り返った海の波間には数百の遺体が浮かんでいた。騒然とする現場に少女以外にも生存者が...。「150年後のアメリカから逃げてきた」と話す生存者47名! え?この展開は、まさか『LOST』? それとも『4400』か!? 生存者47人は時空を超え、未来から過去にあたる現代に逃げてきたアメリカ人で、侵略者じゃなく亡命希望者。国防安全保障省の管理下で不安な夜を過ごすことになった保安官ジュードは死体置き場で並外れた身体能力を持つ女性と出会う。そこからドラマが展開していき、単なる"蘇りもの"と違いミステリードラマに仕上がっている。

第2位『The Resident』(FOX)

『グッド・ワイフ』のケイリー・アゴス役のマット・ズークリーが演じるシニア・レジデントは医療ミスを噂されるも、クールで患者思いの面もある破天荒な医師。そんな彼の下で研修をスタートさせたのは、新人のデヴォン(マニシュ・ダヤル)。アメリカでの死因第3位は医療ミスと言われており、そのタブーを描いた本作は、1993年に日本で放送された『振り返れば奴がいる』にどこか似ている! クールなドクターと、過去の医療ミスで手が震える外科部長など、登場人物像も重なっているが、医療の理想とアメリカ社会事情、そして医療ミスというタブーがどこまで描かれるのか、続きが気になる作品。

第1位『For the People』(ABC)

ションダ・ライムズが製作総指揮をする待望の新作はマンハッタンの南に位置するニューヨーク州連邦地裁(別名"The Mother Court")が舞台。『グレイズ・アナトミー』の法廷版といえる本作の登場人物は3人の新人の連邦政府公認弁護士と、3人の検事補。この6人の仕事と恋愛と人間関係に、"正義"が絡む。全米で最も注目される裁判 "The Mother Court"で、初日を迎えたサンドラの初仕事は、爆弾テロの容疑を掛けられた少年の弁護と、かなりシリアス。弁護士のジェイは人情臭いお調子者で熱血漢、美人のアリソンの恋人は新人検事補のセス、ケイトは法律遵守を重んじる優秀な検事だけど人情味無し、野心家のレナードと個性ある6人と経験豊富な判事や手強い書記官を巻き込んで、シリアスとコミカルが絶妙なニュアンスでテンポよく◎

■お気に入り俳優BEST5

第5位『The Resident』マット・ズークリー

日本でも大ヒットした『グッド・ワイフ』でケイリー・アゴス役を演じて有名になったマット・ズークリーが本作ではドクターを演じている。彼が演じるデヴォンの第一印象は「腕は良さそうだけど、人格に難あり」で、どこか子どもじみた笑顔が憎めない。病院内で絶対権力を持つ院長の医療ミスや、病院の不正を暴こうとする実はいい人を演じているが、悪を裁く凄みというか深みが足りない気も。彼の雰囲気がこの役になぜか合っていて、これから凄むのか? それとも、どんな方法で悪を暴いていくのか注目していきたいです。

4位『The Crossing』ナタリー・マルティネス

海岸に打ち上げられた小さな女の子リアは、「海の中でお母さんとはぐれた」と話す。一方、リアの母なのか、保安官に銃を向けて「死体安置所に行って」と脅す謎の女性は、「子どもを探している」と話し、数百と並ぶ遺体を確認し始めるが、FBIに見つかってしまう。しかし、3ステップで窓から脱走してしまう。並外れた身体能力を持ったこの謎の女性を演じているナタリー・マルティネス。『CSI:ニューヨーク』や『APBハイテク捜査網』での警察官役のイメージがあるが、今作品は、"謎多き未来から来た女性"という今までとは違った役柄で見せてくれる一面に期待したい。

第1位『The Bold Type』アイシャ・ディー、ケイティ・スティーヴンス、メーガン・ファヒーの3人

アフロヘアーで長身のカットは、スカーレット誌編集部でSNSやイベントを担当。取材で出会ったイスラム教徒の女性に惹かれている自分に驚き、同性愛者だと気が付く。本誌のPRも担当するカットは、Twitterで問題発言をし、騒動を起こしてしまうが、意志の強さで周りを説得し、乗り越えてたくましく前進する姿が可愛い。役と同じ23歳の彼女。リアル等身大の演技を楽しんでいるのが伝わってくるので、この作品と共に一緒に成長していく姿を見るのが楽しみ。

ジェーン役のケイティ・スティーヴンスは『アメリカンアイドル』シーズン9のファイナリストの一人。彼女が演じるジェーンはライター見習いから念願の記者に昇格。しかし、そう簡単には行かない...。編集長に助けられて成長していく姿は応援したくなります。

サットン役のメーガン・ファヒーは、3人のなかで一人だけ編集部じゃなく、役員秘書として働いている。社内恋愛の相手は上司で会社のお偉いさん。「彼のことは本気で好き」と思いながらも、二人には秘密にしている。そんな彼女は、ちょっとお色気路線を担当している気もするけど、3人のなかでは最年長でグラマーだから仕方ないかぁ~。

『殺人を無罪にする方法』や『ダメージ』、『ゲーム・オブ・スローンズ』など陰謀ものドラマが大好物の私が、なぜか『The Bold Type』は楽しく見ることができた。この3人、仕事以外でも食事に行ったりして本当に仲がいいの!と、インタビューで答えているので、そんな3人が活躍するドラマを日本でも見てみたいです。

20170831LASBNR01.jpg特集ページに戻る

この記事が気に入ったら、 してください♪

キャサリンからひとこと

関連する記事

人気ニュース TOP3

ランキングをもっとみる

人気コラム TOP3

ランキングをもっとみる

この海外ドラマに注目!