米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『グッド・プレイス』クリステン・ベルがSAG賞の司会に決定!

クリステン・ベルシーズン3への更新が決定した米NBCのコメディドラマ『グッド・プレイス』に主演するクリステン・ベルが、第24回全米映画俳優組合(SAG)賞授賞式の司会に決定したことが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】【お先見】『グッド・プレイス』地獄にいくはずがたどり着いたのは天国! あの世を舞台にしたシットコムが誕生

2018年1月21日(日)にロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムにて開催される同授賞式で、クリステンは初めて司会を務めることとなる。今月4日(月)、授賞式の製作総指揮を務めるキャシー・コーネルが司会の決定を発表した際、クリステンが「俳優仲間とともに授賞式に携われることを嬉しく思います。これまで一緒に仕事をした俳優が大勢いるので、温かく支えてもらえるでしょう。素晴らしい夜になると思います」とコメント。

第24回授賞式のノミネートは、12月13日(水)に発表予定。『ショーシャンクの空に』『ダークナイト』シリーズなどで知られる名優モーガン・フリーマンが生涯功労賞を受賞することがすでに決まっている。

クリステンは、高校生探偵が活躍する人気ドラマ『ヴェロニカ・マーズ』でブレイクし、青春ドラマ『ゴシップガール』ではナレーションを担当。さらには大ヒットドラマ『HEROES/ヒーローズ』や映画『だれもがクジラを愛してる。』でドラマ、映画界を股にかけて活躍し、世界的大ヒットを記録したアニメーション映画『アナと雪の女王』ではアナの声優を務めていた。そんなクリステンのオールマイティぶりが評価され、SAG賞の司会に抜擢されたようだ。

第24回SAG賞授賞式は、米TNTと米TBSでの生放送が予定されている。(海外ドラマNAVI)

Photo:クリステン・ベル
(C)NYKC/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP