米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ボードウォーク・エンパイア』のあの人がジュリア・ロバーツ主演ドラマに出演!

ボビー・カナヴェイル人気女優ジュリア・ロバーツ(『プリティ・ウーマン』)が主演することで話題となっている新作ドラマ『Homecoming(原題)』。本作に、禁酒法時代のアメリカを舞台にした人気シリーズ『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』で、ジップ・ロゼッティ役を演じたボビー・カナヴェイルが出演することが明らかとなった。米Deadlineなどが報じている。

【関連記事】「テレビに戻る映画スター」と「映画に進出するテレビスター」...映画とTVの垣根は年々低くなる!?

ポッドキャストの同名フィクション番組を基にした政治スリラー『Homecoming』は、秘密政府機関"Homecoming:ホーカミング"の社会福祉職員ハイディと、普通の生活に戻ることを願う兵士を中心に描く1話30分のシリーズ。『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』のクリエイター、サム・エスメイルが手掛ける本作で、ボビーはホームカミングで現場外の監督を務める野心的なコリン・ベルファスト役を演じる。彼は、『MR. ROBOT』シーズン3にアーヴィング役で出演しているため、エスメイルと再タッグを組むこととなる。

ハイディ役を演じるジュリアの相手役を務める兵士役にキャスティングされているのは、犯罪サスペンスドラマ『運命の銃弾』で主役プレストンを演じたステファン・ジェームズ

ポッドキャスト版にはオスカー・アイザック(『スター・ウォーズ』シリーズ)、キャサリン・キーナー(『40歳の童貞男』)、デヴィッド・シュワイマー(『フレンズ』)、デヴィッド・クロス(『ブル~ス一家は大暴走!』)らが声優として出演。こちらのキャストが、ドラマ版に登場する可能性があるのかも気になるところだ。

ポッドキャスト版のクリエイターであるエリ・ホロウィッツとミカ・ブルームバーグが脚本を担当するドラマ版は、米Amazonにて2シーズンまとめて製作されることが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ボビー・カナヴェイル
(C)FAM008/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP