米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ブラック・セイルズ』のイケメン俳優、元マイケミのジェラルド・ウェイ原作のNetflixドラマに出演!

『The Umbrella Academy』2013年に解散したロックバンド、マイ・ケミカル・ロマンスでボーカルを務めたジェラルド・ウェイ原作によるグラフィクノベルを実写化する『The Umbrella Academy(原題)』。本作に、海賊ドラマ『Black Sails/ブラック・セイルズ』で、ビリー・ボーンズ役を演じるトム・ホッパーが出演することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】アメリカのティーン向け長寿コミックの実写ドラマ版『リバーデイル』は懐かしの"元青春スター"が出演!

『The Umbrella Academy』の主人公はルーサーとディエゴ、アリソンとヴァニア、クラウスとナンバー5という機能不全の家族を構成するスーパーヒーローたち。ばらばらの個性と能力で不協和音を奏でつつも、協力して養父の死の謎を解き明かすというストーリー。日本では、「アンブレラ・アカデミー ~組曲『黙示録』~」(小学館集英社プロダクション)として翻訳されている。

トムが演じるのはルーサー役で、ヴァニア役にはエレン・ペイジ(『JUNO/ジュノ』)、大ヒットミュージカル『Hamilton』に出演していたエミー・レイヴァー・ランプマンがアリソン役、ディエゴ役にはデヴィッド・キャスタネーダ(『ジェーン・ザ・ヴァージン』)、クラウス役にはロバート・シーアン(『Misfits/ミスフィッツ - 俺たちエスパー!』)、アイダン・ギャラガー(『Nicky, Ricky, Dicky & Dawn(原題)』)がナンバー5役に決定している。

トムは、『ゲーム・オブ・スローンズ』第七章でサムウェル・ターリーの弟にあたるディコン・ターリー役を演じ、登場話数は4話のみだったが鮮烈な印象を残していた。この他にも、ドラマシリーズ『バーバリアンズ・ライジング ~ローマ帝国に反逆した戦士たち~』や未公開映画『ノース・ウォリアーズ 魔境の戦い』などに出演している彼が、時代劇ではない『The Umbrella Academy』で、どんな演技を見せてくれるのか楽しみだ。

本シリーズは、米Netflix にて2018年に配信予定。(海外ドラマNAVI)

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP