米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

ヒーローとヴィランの競演!東地宏樹、江川央生、福山潤、日野聡出演「DCドラマ・イケメン・リーグ!」

東地宏樹、江川央生、福山潤、日野聡12月3日(日)、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催された東京コミックコンベンション2017(東京コミコン2017)で、DCドラマで活躍する人気声優が集結したステージイベント「人気声優大共演! DCドラマ・イケメン・リーグ!」が行われ、『レジェンド・オブ・トゥモロー』よりレナード・スナート/キャプテン・コールド役の東地宏樹とミック・ローリー/ヒートウェーブ役の江川央生、『THE FLASH/フラッシュ』よりバリー・アレン/フラッシュ役の福山潤、『ARROW/アロー』よりオリバー・クイーン/グリーンアロー役の日野聡が登壇した。

【関連記事】アローバース誕生はあの作品無しには語れない! 知るほどに見るほどに面白い。クロスオーバーの魅力

DCドラマシリーズを代表する4人のボイスキャストたち。まずは各自が自分のキャラクターについて真剣に語る中、江川は「ヒートウェーブは特に何も考えてません」と発言し会場の爆笑を誘った。そしてもともと『ARROW』のファンだったという福山は、印象的なシーンとして『THE FLASH』のシーズン1第1話でオリバーとバリーが初めて会話を交わす場面を回想した。バリーがオリバーを尊敬しているのに対して、日野を「聡」と呼んでいることをMCに指摘されると、「同い年ですから」とニッコリ。

ファンからの質問に答える段になると、東地と江川は『レジェンド・オブ・トゥモロー』と『プリズン・ブレイク』で同じ俳優(ウェントワース・ミラー、ドミニク・パーセル)による異なるキャラクターの演じ分け方を問われることに。東地は「キャプテンコールドは静かなところから急にブチ切れるようなメリハリを付け、(『プリズン・ブレイク』の)マイケルはあくまでクールにするよう心掛けました」と説明。一方の江川は、『レジェンド・オブ・トゥモロー』ではよりコミカルな、『プリズン・ブレイク』ではよりシリアスな演技を意識したという。さらには、朝に『プリズン・ブレイク』、夜に『レジェンド・オブ・トゥモロー』と、一日で両作のアフレコをまとめてこなした経験も語ってくれた。

「フラッシュ以外のDCヒーローで演じてみたいのは?」と聞かれた福山は、「バットマンが好きなので、ロビンになって彼と掛け合いをしたい」という願望を吐露。そして日野は、「オリバーのように5年間無人島で過ごすことになったら?」という質問に、「飢え死にして白骨化してると思います」と返していた。

最後は、各キャラクターのカッコイイ台詞を披露することに。『レジェンド・オブ・トゥモロー』の二人はそろって、「俺はヒーローじゃねえ」(東地)、「すべてを焼き尽くさずにはいられない獣、それが俺だ」(江川)と、ヴィランらしいフレーズを選択。一方、「バリーはカッコイイ台詞がない」からと福山は、オープニングのナレーションでもある「僕の名前はバリー・アレン。地上最速の男だ」を再現。そしてラスト、日野が「お前は街を汚した!」と迫力たっぷりの口調で一喝し、きっちり締めている。

福山がイベント冒頭で言っていた通り、寒い日にファンの心を温かくするような、貴重な情報満載のホットなトークだった。『ARROW/アロー <フィフス・シーズン>』、『THE FLASH/フラッシュ <サード・シーズン>』、『レジェンド・オブ・トゥモロー <セカンド・シーズン>』はそれぞれブルーレイ&DVD好評リリース中、デジタル配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:東地宏樹、江川央生、福山潤、日野聡

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP