【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』アンドリュー・リンカーン、シーズン8のショックな展開について語る

アンドリュー・リンカーン(本記事は、『ウォーキング・デッド』シーズン8第8話のネタばれを含む上、第9話以降の展開を示唆する内容ですのでご注意ください)

米AMCで12月10日(日)に放送された大ヒットシリーズ『ウォーキング・デッド』シーズン8第8話は、ファンが大きなショックを受ける内容となっていた。それは本作の主人公リックを演じるアンドリュー・リンカーンも同じだったようで、米Hollywood Reporterのインタビューに応じ、そのエピソードについて語っている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』アンドリュー・リンカーン、あの格闘シーンは全裸でやりたかった!(ネタばれ)

シーズン8前半の最終話に当たる第8話では、リックの息子カール(チャンドラー・リッグス)がウォーカーに噛まれていたことが明らかとなる。製作総指揮のスコット・M・ギンプルからその展開を聞かされた時、アンドリューは信じられずに黙り込んでしまったそう。

「『多分、君はこの展開は気に入らないだろうけど、キャラクターの一人が死ぬことになる』と彼から言われて、僕は4人の名前を挙げてみたけど、その中にチャンドラーの名前はなかった。僕はずっと、いつか、シーズン28あたりでリックがブーツとリボルバーを息子に託して夕日の中へと消えていき、あとはカールが率いてくれるものだと思っていたからね」と、この展開は全く予想外だったと語るアンドリュー。

そして、「これは『ウォーキング・デッド』史上最も大きな死だよ。これからを通じても、そう言えるかもしれないね。コミックの読者なら、カールがどれだけ大きな存在か知っているだろうし」と、原作コミックでは現在も生きているカールがドラマで去ることについて、これまで命を落としてきた数多くの重要キャラクターをも上回る衝撃だと語っている。シーズン1から登場していたカールは、シリーズの数少ないオリジナルキャラクターなだけに、この展開はとても残念だ。

なお、妻に続いて息子も失うことになるリックだが、このシーズン8をもって契約が切れるアンドリュー自身はまだ本作を去るつもりはないようだ。契約について聞かれ、「僕とリック・グライムスの関係はまだまだしばらくは終わらないよ」と述べている。同作のシーズン9への更新は今のところ決まっていないが、その製作が決定すればアンドリューが続投するのは間違いないようだ。

「カールとチャンドラー抜きで続けていくのはたしかに大変だけど、これからもっと危険な展開になっていくはずだよ」とアンドリューが語る『ウォーキング・デッド』シーズン8後半(第9話~第16話)は、FOXチャンネルにて2018年2月26日(月)22:00よりスタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:アンドリュー・リンカーン
(C) AVTA/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP