米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

"日本は第2の故郷" マーク・ハミル、アダム・ドライヴァーら登場『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レッドカーペット・イベント

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』いよいよ12月15日(金)より公開となるシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。本作のプロモーションのため、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、カイロ・レン役のアダム・ドライヴァー、ライアン・ジョンソン監督、そしてルーカス・フィルム社長のキャスリーン・ケネディが来日し、六本木ヒルズアリーナで開催されたレッドカーペット・イベントに登場した。

【関連記事】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レイ、カイロ・レンの内面を掘り下げた演技に注目! 

厳しい寒さにも関わらず約1000人のファンが集まった会場に現れた4人は、ファンへのサインや写真に応じながらレッドカーペットを歩きフォトセッションへ。マークは両手を合わせお辞儀ポーズを決めたり、ジョンソン監督は自ら手に持ったカメラで会場の様子を撮影したりと、終始楽しそう。また、フォトセッションにはプロデューサーのラム・バーグマンも急遽参加し、豪華5ショットも実現した。

その後、悪の軍団"ファースト・オーダー"の最高指導者のスノークの部屋をイメージした赤いステージに登場した来日ゲストの4人。次回作『Star Wars: Episode IX(仮題)』)の後に作られる、新たな三部作を手掛けることが明らかになったばかりのジョンソン監督は、「本作は『スター・ウォーズ』ファンたちによって作られた映画です。そんな作品をファンの皆さんがこうして心待ちにしてくださっていることは、最高の体験です。May the force be with you!」と挨拶し、会場を盛り上げた。

「高校時代を過ごした日本は自分にとっては、第2の故郷とも言える場所です。日本のファンのみなさんは、どこの国のファンよりもいつも熱心に支えてくれます」と、来日の喜びを口にしたマーク。日本滞在中にしたいことを聞かれたアダムは、「カラオケです。日本の曲も知っていたら歌いたいですね」と回答した。

「孤島で身を潜めていたルークですが、かつてカイロ・レンを教えていたことに関係があるのでしょうか?」との質問に対し、「あと1週間たらずで皆さんも最大の謎を知ることになります。来週のお楽しみです」と、ベールに包まれた本作についてニヤリと笑顔を浮かべたマーク。アダムも「乞うご期待!」と、ファンの期待を膨らませるコメントを残した。

イベントの最後には、マークが「衝撃のスター・ウォーズ!」と日本語で宣言。掛け声とともに、シリーズを象徴する赤い雪が降り注ぎ、会場全体がテーマカラーである赤一色に染まりイベントは終了した。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)より公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レッドカーペット・イベント
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP