『エクソシスト 孤島の悪魔』、2018年1月26日(金)より独占日本初放送!

『エクソシスト 孤島の悪魔』世界を震撼させたアカデミー賞受賞の名作映画『エクソシスト』のTVシリーズ版で、全米で今年9月から放送開始となったばかりの最新シーズンの邦題が『エクソシスト 孤島の悪魔』に決定! 2018年1月26日(金)よりスターチャンネルにて独占日本初放送となる。

【関連記事】トム・ハーディ主演ドラマをはじめ、高品質の話題作を日本初で提供し続けるスターチャンネルの凄み

心に闇を抱える子どもたちを預かるファミリーホーム。彼らを保護する謎めいた管理人と子どもたちを守ろうとする児童相談所職員に、巻き起こる数々の怪現象...。その裏には悲しい真実が隠されていた――。果たして二人のエクソシスト(悪魔祓い師)は怪現象の謎を解き、子どもたちを救うことができるのか!? 絶海の孤島で巻き起こるスリリングで、ミステリアスな超常現象の謎にトマスとマーカス、二人のエクソシストが挑む!

この全く新しい舞台で、新たなストーリーが展開される最新シーズンでは、クリエイターであるジェレミー・スレイター(『Death Note/デスノート』)と、TVシリーズ作品で多くの実績を誇るジェイソン・エンズラー(『リーサル・ウェポン』)が監督と製作総指揮を担当。また、キャストには二人のエクソシスト役に、アルフォンソ・ヘレラ(『センス8』)とベン・ダニエルズ(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)を起用。さらに、ジョン・チョー(『スター・トレック BEYOND』)をはじめ、ブリアナ・ヒルデブランド(『デッドプール』)、ズレイカ・ロビンソン(『LOST』)など、個性的なキャストが集結していることにも注目だ。

クリエイターのスレイターは今年7月のコミコンでのインタビューで、「日本のホラー映画の恐怖は自然がベースになっているものが多いが、本作にはその影響が見られるかもしれない」と、抒情的な日本のホラー映画からインスピレーションを受けたことを語っており、ジャパニーズ・ホラーお得意の心理的な恐怖演出も、新たな要素として期待できそうだ。

『エクソシスト 孤島の悪魔』(全10話)はスターチャンネルにて、2018年1月26日(金)より毎週金曜日23:00から独占日本初放送!(海外ドラマNAVI)

Photo:『エクソシスト 孤島の悪魔』
©2017 Fox and its related entities. All rights reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP