【ネタばれ】『ウォーキング・デッド』チャンドラー・リッグス、「カールはもう戦いの準備ができている」

チャンドラー・リッグス(本記事は、『ウォーキング・デッド』のネタばれを含みますのでご注意ください)

FOXチャンネルにて、10月23日(月)からシーズン8の放送がスタートする大ヒットシリーズ『ウォーキング・デッド』。本作で主人公リック(アンドリュー・リンカーン)の息子カールを演じるチャンドラー・リッグスが、「カールはもう戦いの準備ができている」と明かしている。

【関連記事】『ウォーキング・デッド』をいち早く、深~く楽しむならdTV!

シーズン7のラストではアレクサンドリアとヒルトップ、王国という3つのコミュニティが結束して、悪役ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)を倒すべく動き出すところで終了していた。すでに、リックの仲間ダリル(ノーマン・リーダス)とカールはニーガンのアジトであるサンクチュアリに忍び込んでいるため、カールが戦いから逃れられるとは考えにくい。

米Entertainment Weeklyのインタビューに応えたチャンドラーが、その点について「カールは救済者(ニーガンのグループ)と対峙した時から、戦いの準備ができている」とコメント。そして、いつも息子を守ろうと必死なリックが、カールを戦士として本格的に戦わせるかどうかについては、次のように語っている。

「シーズン7の最終話からカットされちゃったけど、リックとカールがミショーン(ダナイ・グリラ)と、"リックが息子の腕を切り落とす度胸"があるかどうかを話し合うシーンがあったんだ。その時点で、二人とも救済者のことを理解しているから、自分たちだけでなくヒルトップや王国を含めたコミュニティに、何が最良であるか考えるべきだとの意見に達するんだ。もし犠牲を払わなければならないなら、腕であろうが人であろうが手放すつもりでいるはずだ」と述べている。この答えから、今までカールを守ってきたリックも、息子を失う覚悟でカールを戦わせる展開となりそうだ。

リックとニーガンの戦いが、どんな結末を迎えるのか気になるシーズン8はFOXチャンネルにて10月23日(月)22:00から日本最速放送される。(海外ドラマNAVI)

Photo:チャンドラー・リッグス
(C)2016 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP