米NBC『ナイトシフト』、シーズン4で終了

20171017-00000008-dramanavi-1-00-view.jpg米NBCの医療ドラマ『ナイトシフト 真夜中の救命医』が、シーズン4をもって終了することが明らかとなった。米Varietyが報じている。

【関連記事】大ヒットメディカル・ドラマ『ナイトシフト3 真夜中の救命医』オーエン・マッケン直撃インタビュー

本シリーズの舞台は、"空軍基地の町"とも言われるテキサス州サンアントニオの記念病院。ERのナイトシフト(夜間勤務)で働く従軍経験のある元軍医たちが、14時間にも及ぶ長時間勤務のなか一刻を争う患者が次々と運び込まれる環境で、戦場での経験を活かした型破りな方法で命を救う姿が描かれる作品。

2014年から放送スタートした本作は、今年8月31日に放送されたシーズン4第10話をもって幕を閉じることが決定。TC役にオーエン・マッケン(『バオハザード:ザ・ファイナル』)、ジョーダン役にジル・フリント(『グッド・ワイフ』)、スコット役にスコット・フルフ(『V』)、ケニー役にJR・レモン(『HAWAII FIVE-0』)、ポール役にロバート・ベイリー・Jr(『ハプニング』)、ドリュー役にブレンダン・フェア(『ロズウェル/星の恋人たち』)、トファー役にケン・レオン(『LOST』)がメインキャストとして出演していた。クリエイターを務めたのは、ドラマシリーズ『新ビバリーヒルズ青春白書』と映画『グレッグのダメ日記』を手掛けたゲイブ・サックスとジェフ・ジュダー。

NBCエンターテイメントのジェニファー・サルケ社長は、「シーズン4にわたり『ナイトシフト』は、助けを必要とする人々に、ひるむことなく救いの手を差し伸べる英雄的な医師や看護師、医療関係者を視聴者に紹介することができました」と、ファンに感謝のメッセージを贈っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ナイトシフト 真夜中の救命医』
(C)2014 Sony Pictures Television Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP