米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ホワイトカラー』マット・ボマー、『アメリカン・クライム・ストーリー』シーズン2で監督デビュー

マット・ボマー大ヒット犯罪捜査ドラマ『ホワイトカラー』の主人公ニール役で知られるマット・ボマーが、米国で実際に起きた事件をドラマ化している米FXの『アメリカン・クライム・ストーリー』で監督を務めることが決まった。米TV Lineらが報じている。

【関連記事】『ホワイトカラー』マット・ボマー(ニール・キャフリー役)にインタビュー!

シーズン2として来年放送されるのは、1997年に起きた有名ファッションデザイナー、ジャンニ・ヴェルサーチの殺人事件をテーマにしたドラマ。ヴェルサーチ役にエドガー・ラミレス(『ゴールド/金塊の行方』)、連続殺人鬼アンドリュー・クナナン役にダレン・クリス(『Glee』)、ジャンニの妹ドナテラ役にペネロペ・クルス(『それでも恋するバルセロナ』)、ジャンニのパートナーだったアントニオ・ダミコ役に人気歌手のリッキー・マーティンらがキャスティングされている。

マットがメガホンを取るのは第8話だと報道されており、これが彼にとっての監督デビューとなる。マットは、同作のクリエイターであるライアン・マーフィーの『アメリカン・ホラー・ストーリー』『Glee』『ノーマル・ハート』などに数多く出演しているが、今回は俳優としてではなく、監督として彼の作品に関わることになるようだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ボマー
(C)NYPW/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP