『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』が「吉田羊らしい」作品である理由

『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』未解決の凶悪事件、通称"コールドケース"を追うフィラデルフィア警察の姿を描き日本でも大ヒットした犯罪捜査ドラマ『コールドケース』の日本版、『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』が9月6日(水)よりリリースとなる。それに先駆けて、主演の吉田羊によるインタビューが到着した。

吉田が演じるのは、オリジナルのリリー・ラッシュ(キャスリン・モリス)に代わる主人公の石川百合。舞台をフィラデルフィアから神奈川に移した本作では、神奈川県警・捜査一課の刑事である彼女が、捜査チームとともに、閉ざされた真実を解き明かしていく。

ドラマ初主演となった吉田だが、「気負いはまったくなかった」とキッパリ。本作がオリジナル同様、一人の刑事でなくチームで捜査を進めていくやり方であることが良かったようで、「皆が同列に並んでヨーイドン!で同じゴールに向かって走っていくというスタイルがすごく、私が初主演をするには私らしい」作品だったと説明している。また、撮影中のエピソードを例に挙げつつ、スタッフを「奇跡のチーム」と称賛している。ブルーレイ&DVDに収録される映像特典の一部であるこのインタビュー映像は、当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

吉田とともに捜査一課チームの面々を演じるのは、永山絢斗、滝藤賢一、光石研、三浦友和。さらに各エピソードに、吉沢亮、大野いと、仲里依紗、ユースケ・サンタマリア、村上虹郎、門脇麦、仲代達矢、江波杏子といった豪華ゲストが登場する。

監督は「SP」シリーズの波多野貴文。オリジナルシリーズの内容を生かしながら、そこに新たな謎と人情味を加えた脚本を、『64-ロクヨン-前編/後編』の瀬々敬久や、『ハゲタカ』の林宏司が執筆する。

■商品情報
9月6日(水)ブルーレイ&DVD発売、DVDレンタル開始、デジタルセル・レンタル配信開始
ブルーレイ コンプリート・ボックス(2枚組)...24,000円+税
DVDコンプリート・ボックス(5枚組)...19,000円+税
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

(海外ドラマNAVI)

Photo:『連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~』
(c) WOWOW/Warner Bros. International Television Production

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP