ライアン・ジョンソン監督、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』カメオ出演の俳優を暴露!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ファン・ミーティングイベント12月15日(金)より公開となる大人気シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。本作のメガホンを取ったライアン・ジョンソン監督が世界に先駆け来日し、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催されたファン・ミーティングに登壇した。

公開を約2カ月後に控えての来日となったが、完成まであと数日作業をするだけであることを明かしたジョンソン監督。「実はこの携帯電話の中にデータが入っているから、今みんなで見ちゃおうか?」の一言に会場は大盛り上がり。シリーズ史上誰も観たことがない"衝撃作"と言われ、未だ謎のヴェールに包まれている本作の核心に迫る質問が次々と飛び出した。

この場にいる日本のファンにだけ新たな情報を教えてと聞かれると、客席に座っていたプロデューサーにアイコンタクトを取った後、「これはまだ明かしてないけど、言っても大丈夫だと思う。『LOOPER/ルーパー』(ジョンソン監督作品)にも出演してくれた俳優のジョセフ・ゴードン=レヴィットがエイリアンの声でカメオ出演をしているんだ。よく聞いていれば気が付くと思うよ」と、その場で新情報が明かされた。

BB-8が登場後、続けて会場にいるファンからの質問に応じた監督。「『フォースの覚醒』で起きた悲劇にショックを受け、そのあと40度の熱を出しました。僕は『最後のジェダイ』を劇場に見に行っても大丈夫でしょうか?」と、切実な相談に会場から笑いと拍手が。「どうしよう、死んじゃうかもしれないね。もし、ここにご家族の方が一緒に来ているんだったら、必ず冷えピタであれ医療機器を持って行ってね」と、驚きの展開が待ち受けていることを認めるような答えが飛び出した。

子どもの頃から『スター・ウォーズ』シリーズの大ファンだという尾上松也と河北麻友子、そして大人気のR2-D2とC-3POも登場し、大盛り上がりのままイベントは幕を閉じた。

前作でフォースを覚醒されたレイが知る驚くべき真実とは? なぜカイロ・レンはダース・ベイダーを受け継ごうとするのか? ポー、フィン、BB-8らレジスタンスたちのミッションとは? 知られざる秘密が明かされるとき、さらなる謎が生まれる! 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)より公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ファン・ミーティングイベントより
(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP