『ヘルボーイ』エド・スクラインの代わりは『HAWAII FIVE-O』のあの人!?

『HAWAII FIVE-0』シーズン7大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』第三章でダーリオ・ナハリスを演じたエド・スクラインが、リブート版『ヘルボーイ』で日系アメリカ人役にキャスティングされた後に辞退したニュースは、先日お伝えした通り。そんな中、エドに代わって、米CBSの人気アクションドラマ『HAWAII FIVE-O』でチン・ホー・ケリーを演じてきたダニエル・デイ・キムの名が浮上していると、米Varietyなどが伝えている。

【関連記事】今から見ても楽しめるハワイの魅力満載アクションドラマ『Hawaii Five-0』、待望のシーズン6がついに上陸!

ダニエルは7月、コノ・カラカウア役のグレイス・パークとともに『HAWAII FIVE-O』を降板。その理由は交渉に満足できなかったためと見られており、最終的にCBSが提示した額は、アレックス・オローリン(スティーヴ役)やスコット・カーン(ダニー役)のギャラよりも10~15%低かったと報じられ、ハリウッドで取り沙汰される白人優位の問題が浮き彫りになる形となってしまった。

そして今月上旬、リブート版『ヘルボーイ』で日系アメリカ人のベンジャミン・デミオ役に一度は決定していたエドが、アジア系の役を白人である自分が演じることに矛盾を感じて降板を表明。それを受けてアジア系俳優がキャスティングされるのか注目されていたところへ、スタジオがダニエルと交渉に入っているとのニュースが飛び込んできたのだ。

『HAWAII FIVE-O』ではシーズン1からメインキャストとして出演していながら、心ならずも降板することになったダニエル。そんな彼が、ダイバーシティやホワイトウォッシュ(白人俳優が白人以外の役を演じること)の問題で降りたエドの後を引き継ぐことになれば、今後のハリウッドの流れを変えることになるかもしれない。(海外ドラマNAVI)

Photo:『HAWAII FIVE-0』シーズン7
© 2017 CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP