監督&脚本家が全て女性のホラードラマ企画が米CWで始動、製作総指揮にはドリュー・バリモアも

ドリュー・バリモア女性の脚本家や監督に与えられる機会が男性に比べて少ないと、よく指摘されるハリウッド。そんな中、脚本や監督を全て女性が担当するホラー・アンソロジーシリーズの企画が、米CWにおいて始動したことを、米Deadlineが報じた。

『Black Rose Anthology(原題)』と題された本企画は、罪の意識や嫉妬、抑圧、偏執症、狂気、性的な強迫観念、サバイバルなどをテーマに、現代的かつ女性的な視点を通して、人間の深層に横たわる恐怖を描く作品とのこと。

パイロットの脚本を担当するのは、TVドラマ版『スクリーム』の製作総指揮を務めたジル・ブロートヴォーゲル。製作総指揮には、ブロートヴォーゲルのほか、女優・プロデューサーとして活躍するドリュー・バリモアや、『新チャーリーズ・エンジェル』のナンシー・ジュヴォネンなどが名を連ねている。なおドリューはこれまでにも、『そんな彼なら捨てちゃえば?』『ローラーガールズ・ダイアリー』『ワタシが私を見つけるまで』といった女性視点の作品を手掛けている。

女性の視点で描かれたホラーとしては、CWではすでに『ヴァンパイア・ダイアリーズ』(放送終了)や『iゾンビ』(シーズン4制作決定)といった作品が有名。さらに、人気番組『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のスピンオフとして、女性の登場人物が中心となる『Wayward Sisters(原題)』のパイロットが『スパナチュ』シーズン13のエピソードの一つとして放送されることが決まっている。ハリウッドの古き慣習を打ち破るかもしれない、今回の新企画の動きにも注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ドリュー・バリモア
(C)NYPW/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP