『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『24』の二人がまさかの役に!『SCORPION』シーズン3の場面写真が到着

『SCORPION/スコーピオン』シーズン3トータルIQ700の天才チームが最新テクノロジーと頭脳で難事件に挑む犯罪捜査ミステリー『SCORPION/スコーピオン』。スーパー!ドラマTVにて独占日本初放送中のシーズン3の最新エピソードには映画・ドラマファンにおなじみの二人のスターが初登場するのだが、その場面写真が届いた。

【関連記事】杉田智和、小林沙苗、谷昌樹ら日本語吹替版チーム"スコーピオン"が登壇!『SCORPION/スコーピオン シーズン3』合同取材レポート

9月19日(火)放送の第9話「嘘つきの愛し方」に出演する一人目は、大ヒット映画シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公マーティの母親ロレインを演じたリー・トンプソン。リーが演じるのはまたも母親役で、今回はチームの渉外係であるシングルマザーのペイジの母親ヴェロニカ役! ペイジが久しぶりに会った母親ヴェロニカは、詐欺罪で刑務所を出たり入ったりした挙句、ペイジを捨てて家を出て行った過去を持つワケありの人物。そのため、自分とラルフに愛情を振りまかれても、母親に複雑な感情を抱いているペイジは再会を素直に喜ぶことができない。果たしてこの母娘関係はどうなるのか?

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の頃と変わらないチャーミングなコメディンエンヌぶりで、どこか憎めない母親ヴェロニカを演じているリー。その吹替えを務めるのは、映画や海外ドラマでも活躍し、『ちびまる子ちゃん』のおばあちゃん役で有名な佐々木優子。なんと『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でもリーの声を担当しており、粋な配役が実現している。

そしてもう一人は、『24 -TWENTY FOUR-』のミシェル・デスラー役でブレイクしたレイコ・エイルスワース。これまで女っ気のなかった堅物の国土安全保障省エージェント、ケイブ・ガロの恋のお相手、アリー・ジョーンズという役柄だ。アリーの登場によって、いつもはウォルターに冷静で的確なアドバイスを送っているケイブが、自分の恋となると途端に不器用になってしまうという硬派な大人の可愛い一面を見ることができる。

リー、レイコが演じるキャラクターは第9話以降も数話にわたって登場するため、二人が初登場するこのエピソードは特に見逃せない。もちろんいつものように、そのほかの登場人物のドラマ、スリリングな事件も展開する。

<第9話「嘘つきの愛し方」あらすじ>
感謝祭の七面鳥作りに忙しいペイジ。だがウォルターはせっかくの休日に仕事を引き受けてしまい、数時間で済む建物の検査だからと、近くの廃工場へ向かうスコーピオン。ところが実際には数時間で済むような問題ではなく、さらにクライアントは意外な人物だった。

『SCORPION/スコーピオン』シーズン3第9話「嘘つきの愛し方」はスーパー!ドラマTVにて9月19日(火)22:00より二ヵ国語版、同日24:00より字幕版が放送。また、シーズン3のキャッチアップ放送(二ヵ国語版)が、第1話~第6話は9月30日(土)14:00~20:00、第7話~第11話は10月7日(土)14:00~19:00にオンエア。(海外ドラマNAVI)

Photo:『SCORPION/スコーピオン』シーズン3
©MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP