アントニオ・バンデラス、『ジーニアス』シーズン2でピカソを演じる

アントニオ・バンデラス日本も含む世界171ヵ国で視聴されているナショナル・ジオグラフィック・チャンネルが手掛ける『ジーニアス』のシーズン2に、アントニオ・バンデラス(『スパイキッズ』)が出演することが分かった。米TVLineが報じている。

本作は毎シーズンで異なる革新者に焦点を当てるアンソロジードラマで、シーズン1にはアインシュタインを取り上げ、ジェフリー・ラッシュ(『パイレーツ・オブ・カリビアン』)が同役を演じた。想像力に富んだ特許局職員が、原子と宇宙の謎を解き明かす過程を描いた同シーズンは、エミー賞4部門にノミネートされるなど、好調な滑り出しを見せている。

そして待望のシーズン2は、スペインが生んだ天才画家パブロ・ピカソの人生と、彼の画家としての歩みを全10話構成で描くことに。アントニオは、20世紀で最も影響力のある画家ピカソに扮することになる。製作総指揮にはブライアン・グレイザー(『Empire 成功の代償』)、ロン・ハワード(『アポロ13』)、ケネス・ビラー(『ヤング・スーパーマン』)らが名を連ねた。

アントニオは出演に向け、「僕は長年ピカソの人生に魅了されていて、僕と同じマラガ出身の彼を本当に尊敬しています。ナショナル・ジオグラフィック、そして『ジーニアス』のチームと共に、世界で最も革新的な、画家の本当の物語を伝えていくことがとても楽しみです」と、コメントを発表している。

『ジーニアス』シーズン2は、2018年放送予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:アントニオ・バンデラス
(C)FAM020/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP