『弁護士ビリー・マクブライド』シーズン2に『トゥゲザーネス』マーク・デュプラスが出演

マーク・デュプラスAmazonオリジナルシリーズのサスペンス法廷ドラマ『弁護士ビリー・マクブライド』。そのシーズン2に、『アニマルズ』や『トゥゲザーネス』のクリエイターや監督として知られ、俳優としても活動しているマーク・デュプラスが、レギュラーキャストとして出演することが明らかになった。米Deadlineなどが報じている。

今回マークが演じるのは、地区の整備を望む、ロサンゼルスの有力な土地開発者のトム・ワイアット。彼は、アナ・デ・ラ・レゲラ(『ナルコス』)演じる市長候補のマリソル・シルヴァのサポーターでもある。

製作総指揮には、シーズン1から作品を手掛けてきたデヴィッド・E・ケリー(『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』)とジョナサン・シャピロ(『ブラックリスト』)の続投はもちろん、新シーズンからは『デクスター ~警察官は殺人鬼』や『ナース・ジャッキー』で知られるクライド・フィリップスもその一員として名を連ねた。

シーズン1の正式な視聴者数は発表されていないが、他の米国製作のAmazonオリジナルシリーズのシーズン1と比べると、配信後10日間で視聴者が全8話を間髪入れずに観続けたドラマとして、トップの記録を更新したと報じられている。

『弁護士ビリー・マクブライド』シーズン1は、Amazonプライム・ビデオにて好評配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:マーク・デュプラス
(C)FAM020/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP