ベネディクト・カンバーバッチも出演『マイティ・ソー バトルロワイヤル』日本版予告解禁!

『マイティ・ソー バトルロワイヤル』マーベル・スタジオ最新作『マイティ・ソー バトルロワイヤル』が11月3日(金・祝)より日米同時公開されるが、それに先駆け、世界初解禁シーンを含む日本版予告編が公開となった。

本作では、最強コンビのソーとハルクが世界の危機に立ち向かうため、アベンジャーズのような"新チーム"を結成。宇宙一の裏切り王子ことソーの義理の弟ロキと、新キャラクターの女戦士ヴァルキリーと共に、復讐に燃える最強の敵との極限バトルに挑むアクション・エンターテイメント。

出演は、ソー役のクリス・ヘムズワース、ブルース・バナー=ハルク役のマーク・ラファロ、ロキ役のトム・ヒドルストンのほか、新キャラの女戦士ヴァルキリーを演じるテッサ・トンプソン(『ウエストワールド』)、オーディン役のアンソニー・ホプキンス(『ウエストワールド』)、そしてドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチ(『SHERLOCK(シャーロック)』)など実力派俳優たちが名を連ねた。

今回公開された日本版予告編は、ドクター・ストレンジがソーに「君に大きな試練が」と、彼の未来を予言するシーンから始まっている。実は予告編でドクター・ストレンジが見られるのは日本版のみであり、このシーンは世界初解禁となる貴重なシーンなのだ。この予告編は当サイトの編集部トピックス&動画/突撃レポートに掲載されているのでお見逃しなく!

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』へと繋がっていく『マイティ・ソー バトルロワイヤル』は11月3日(金・祝)日米同時公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『マイティ・ソー バトルロワイヤル』
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©Marvel Studios 2017

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP