『グレアナ』パトリック・デンプシー、新作スリラードラマで主演に!

パトリック・デンプシー大ヒット医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(以下、『グレアナ』)の脳外科医デレク役などで知られるパトリック・デンプシーが、新たなテレビシリーズに出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

衝撃的な展開の後、2年前に『グレアナ』を降板したパトリック。51歳になる彼がこの度主演を務めるのは、米ケーブル局Epixの『The Truth About the Harry Quebert Affair(原題)』。スイス人作家ジョエル・ディケールのベストセラー「ハリー・クバート事件」を元にしたスリラーだ。全10話構成の同作でパトリックは、自身の敷地内で発見された少女の死体のせいで起訴される文学界での著名人、ハリー・クバートを演じる。

ハリーの弟子とも言える若き新鋭小説家のマルクス・ゴールドマン役にベン・シュネッツァー(『スノーデン』)、少女殺人事件を担当するペリー・ガハロウッド捜査官にデイモン・ウェイアンズ・Jr(『New Girl 〜ダサかわ女子と三銃士』)が名を連ねる。

アカデミー賞外国映画賞を受賞したことでも知られるフランス人のジャン=ジャック・アノー監督(『BLACK & WHITE in Color/ブラック・アンド・ホワイト・イン・カラー』)が全エピソードのメガホンを取り、『NIP/TUCKハリウッド整形外科医』や『マスターズ・オブ・セックス』で有名なリン・グリーンとリチャド・レヴィンのペアが脚本を担当する。

現時点ではまだ放送開始時期などの詳細は発表されていないが、カナダのモントリオールで撮影されることが決定している。(海外ドラマNAVI)

Photo:パトリック・デンプシー

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP