Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』ジャパンプレミア

Death Note/デスノート』ジャパンプレミア日本のみならず、世界中で話題を呼んだ人気コミックをハリウッド版として実写化したNetflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』が8月25日(金)より世界同時配信される。それに伴いジャパンプレミアが開催され、監督のアダム・ウィンガード、プロデューサーのマシ・オカ、ライト役のナット・ウルフ、ミア役のマーガレット・クアリ―、L役のラキース ・スタンフィールドが登壇した。

まず作品についてウィンガード監督が、「スリルやアクション、ホラーなど様々なジャンルが詰め込まれていて、監督として色々なことを探求できる素晴らしい映画でした」とコメント。オカも「デスノート」は"日本の宝"と述べ、原作者を含む製作に携わった全ての人をリスペクトした、ファン納得の作品に仕上がったと太鼓判を押した。

脚本を読んで、すぐに本作が気に入ったというナット。「基礎知識としてちょっとかじるつもりで漫画やアニメを見たら、すごくファンになっちゃったんだ。日本がこの『Death Note』の世界を作り上げたと言ってもいいね」と会場を盛り上げた。

プレミアで紅一点となったマーガレットは、「ミアは本当に強い女性で、演じるのはとても楽しかったわ」とコメント。日本での予定を聞かれると、伝統的なお寺をはじめ、ふくろうカフェや相撲観戦など、予定をぎっしり詰め込んでいるというストイックな彼女らしい回答が返ってきた。

プレミア中も舞台上で独特の座り方をし、突然おにぎりや飴を食べ始めるなど、かなりのLっぷりを炸裂させたラキース。子どもの頃からアニメにも親しんでおり、本作が日本の漫画を元にしていると知った際には大興奮したようだ。「Lというキャラクターは僕も大好きで、ライトとの敵対関係を大切に演じた。原作に敬意を払って、立ち振る舞いなども再現したんだ」

プレミアの中盤ではラキースの「ライトは超イラつくキャラクター」という発言から、ナットとラキースの睨み合いがはじまるという、登場人物が作品からそのまま抜け出してきたようなファンサービスをしてくれた。そんな彼らによるNetflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』は、8月25日(金)より世界同時配信スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:Netflixオリジナル映画『Death Note/デスノート』ジャパンプレミア

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP