『ファーゴ』『ノーカントリー』コーエン兄弟が手掛ける新シリーズの配信権をNetflixがゲット!

ジョエル&イーサン・コーエン兄弟1996年の『ファーゴ』や2007年の『ノーカントリー』でアカデミー賞を獲得したジョエル&イーサン・コーエン兄弟がドラマ界に進出することは以前にもお伝えしたが、彼らが手掛ける新シリーズの配信権をNetflixが獲得した。米Indie Wireが報じている。

コーエン兄弟が制作会社アンナプルナと組んで製作する『The Ballad of Buster Scruggs(原題)』は、前のアメリカ西部を舞台に6つのエピソードが描かれるアンソロジー・シリーズ。本作の配信権を獲得したNetflixによれば2018年に配信する予定だという。

コーエン兄弟が手掛けた『オー・ブラザー!』にデルマー役で出演していたティム・ブレイク・ネルソンが主人公のバスター・スクラグスを演じることが明らかになっている。他のキャストについてNetflixからの公式発表はまだされていないが、報じられている情報によればジェームズ・フランコ(『11/22/63』)、ゾーイ・カザン(『恋するベーカリー』)、ラルフ・アイネソン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)らが出演する予定のようだ。コーエン兄弟は全6話で脚本&監督を務める。

Netflixのオリジナル・コンテンツ部門代表シンディ・ホランド氏は、「コーエン兄弟は先見性のある監督であり、才能溢れる作家であり、色彩豊かな言語学者です。我々はNetflixが彼らの才能が発揮される場になることが楽しみで仕方ありません」とコメントした。

詳しい配信日は未だ決定していないが、現在ニューメキシコ州にて撮影が行われている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョエル&イーサン・コーエン兄弟
(C)NYPW/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP