『NCIS』マイケル・ウェザリー主演『BULL/ブル 法廷を操る男』、10月7日(土)より日本初放送!

『BULL/ブル 法廷を操る男』大人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ捜査官役でおなじみのマイケル・ウェザリーが主演を務める全米大ヒットドラマ、『BULL/ブル 法廷を操る男』が10月7日(土)よりWOWOWプライムにて日本初放送となる(第1話無料放送)。

【関連記事】2016~17年の新ドラマをチラ見せ!<vol.5> 『NCIS』マイケル・ウェザリーが心理学のプロになる法廷ドラマ『Bull』

人気トーク番組で司会を務める実在の心理学者フィル・マッグロウが、かつて裁判で陪審員の心理を分析する被告弁護団のコンサルタント"ドクター・ブル"として活躍していた時代を描いている。そのマッグロウ博士本人やスティーヴン・スピルバーグも製作総指揮に名を連ねる本作は、本国アメリカでは2016年秋に放送が始まるや否や、第1話が1556万人の視聴者数を記録するなど大ヒット。以降も多くの視聴者を引きつけ、『NCIS』『ビッグバン★セオリー』といった人気シリーズとともに全米視聴率ランキングの上位に何度もランクインしている。

「これは、米国の陪審裁判の重要な裏側の部分を描いているんだ。とにかく、動機、人間行動、社会経済的集団、階級構造を理解できる」と解説するのはマイケル。彼は本作を理解するにあたって、O・J・シンプソン事件をはじめとした実際の裁判劇について勉強。さらには、メガネをかけたドクター・ブルの外見に関しては、「どうやってメガネ姿をかっこ良く見せるかを心得ている」という、英国俳優マイケル・ケインが演じたキャラクター、国際諜報員のハリー・パーマーを参考にしたという。

ドクター・ブルを中心に、元検察官の弁護士、元FBI捜査官、スタイリストといった6人のスペシャリストが、人間の心理を利用して裁判をコントロールし、依頼人を勝利へと導く。

共演は、『ナイトシフト 真夜中の救命医』のフレディ・ロドリゲス、『LAW & ORDER クリミナル・インテント』のジェニーヴァ・カー、『マーシー・ホスピタル』のジェイミー・リー・カーシュナー、『Dr.HOUSE』のアナベル・アタナシオ、『OZ/オズ』のクリストファー・ジャクソンなど。

『BULL/ブル 法廷を操る男』はWOWOWプライムにて10月7日(土)よりスタート。二ヶ国語版が毎週土曜23:00より、字幕版が毎週水曜22:00より放送となる。(海外ドラマNAVI)

Photo:『BULL/ブル 法廷を操る男』
(C)MMXVII CBS Broadcasting, Inc. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP