米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ゲーム・オブ・スローンズ』ナイツ・ウォッチの衣装はIKEAのラグだった!

『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7が放送中の大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』(以下『GOT』)。映画さながらのスケール感で壮大な物語を描いてる本作だが、衣装に使われている素材には、私たちにも馴染みのある量販店のアイテムが使われているという。米INDEPENDENTなどが伝えた。

【関連記事】セレブもこんなに夢中!『ゲーム・オブ・スローンズ』を愛する21人

『GOT』は製作費が高いことでも知られており、以前当サイトで紹介した「製作費が高いTVシリーズTOP15」では5位にランクインし、シーズン6では1話あたりの製作費が1000万ドル(約11億円)費やされていることが明らかになっていた。

しかし、どんなに予算があっても時にはシンプルで安価なアイテムを利用することもあるようだ。今シーズンの衣装ではサーセイ(レナ・ヘディ)やデナーリス(エミリア・クラーク)が非常に高価なジュエリーを身につけているが、一方で夜警団である冥夜の守人、通称ナイツ・ウォッチのケープは家具量販店IKEAのラグを使用していると、衣装デザイナーのミシェル・クラプトンが明かした。

以前、ロサンゼルスにあるJ・ポール・ゲッティ美術館で行われていたプレゼンテーションでスクリーンの映像を説明している際に、「これらのケープは、実際はIKEAのラグです。私たちはできる限り自分たちで作業しています。カットし、削って、強い革のバンドをつけています」と発言し、場内からは思わず笑い声が沸き上がっていた。「視聴者に匂いも伝えたいと思っていました」と語るほど、細部までこだわって作りこんでいたのだそう。

このプレゼンテーションが行われたのは昨年の5月だが、この親近感を持てるニュースが明るみに出たのはつい最近のことで、事実を知り同じラグを見つけようとするファンが後を絶たないようだ。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』は、スターチャンネルにて毎週月曜日10:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP