『ホビット』オーランド・ブルーム、Amazonの新作ドラマに主演!

オーランド・ブルーム『ホビット』『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの人気シリーズに出演しているオーランド・ブルームが、米Amazonの新作ドラマ『Carnival Row(原題)』に主演し、プロデュースも手掛けることが明らかとなった。米Varietyが報じている。

本作の舞台は、戦争によって引き裂かれた故国から逃れてきた、神話上の生き物が生息する新ヴィクトリア朝時代の都市。市民と増加の一途をたどる難民の間で摩擦が強まる中、警察官のライクロフト・フィロストレイトが、カーニバル・ロウと呼ばれる通りで起きた妖精のショーガール殺害事件を捜査することに。関わるべきではなかった、いち難民である妖精の死の真相に迫ったことで、ライクロフトの身に危険が迫る...というストーリー。

主役ライクロフトを演じるオーランドは、これまでに『easy イージー』『エキストラ:スターに近づけ!』などのTVドラマにゲスト出演したことはあるが、ドラマシリーズでレギュラーを務めるのは初となる。

1シーズン8話構成となる『Carnival Row』で脚本・クリエイターを務めるのは、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』『ミディアム 霊能者アリソン・デュボア』で製作総指揮を手掛けたレネ・エシェヴァリア。『SHERLOCK/シャーロック』『ルーク・ケイジ』のポール・マクギガンがメガホンを取り、マクギガンはエシェヴァリアとトラヴィス・ビーチャム(『パシフィック・リム』)とともに製作総指揮も兼任する。2019年の放送開始に向けて、この秋から撮影がスタートする予定だ。

オーランドのドラマシリーズ初主演作となる『Carnival Row』が、一体どんな仕上がりになるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:オーランド・ブルーム
(C)NYKC/FAMOUS

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP