米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

全米異例の大ヒットドラマ『THIS IS US 36歳、これから』がNHK総合にて日本初上陸!

『THIS IS US 36歳、これから』全米で2016年秋スタートのドラマとして最大のサプライズヒットとなった話題作、『THIS IS US 36歳、これから』がNHK総合にて10月1日(日)より日本初上陸を果たす。

【関連記事】米NBCの話題作『This Is Us』、すでにシーズン〇まで更新決定?!

当サイトでもたびたび取り上げてきた同作は、本国アメリカで放送前から多くの関心を集め、実際に放送がスタートするとさらなる注目を浴びることに。その結果、第1回放送後にシーズン1のフルシーズン製作(全18回)が早くも決定したほか、シーズン2&3の更新も一気に決定。新作シリーズとしては異例なことにゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)をはじめ、全米映画俳優組合(SAG)賞、クリティクス・チョイス・アワードなどにもノミネートを果たした。全米視聴率ランキングも賑わせ、シーズン1の最終回は視聴者数1200万人を突破(1284万人)している。

誕生日が同じ36歳の男女3人の物語。人気コメディドラマに主演しながらもその役に嫌気がさしているイケメン俳優、"脱・肥満"を目標に努力する女性、幸せな家庭を築き仕事でも成功しているけれどもどこか満たされていないエリートビジネスマン。置かれている状況も性格も全く異なる彼らには、誕生日が同じであること以外にも共通点があった。それぞれが"人生の壁"を乗り越えようとする中で、"大切なもの"を見つけたり、取り戻す。そして、3人の運命の糸がたぐり寄せられていく...。

キャストは、ジャスティン・ハートリー(『リベンジ』)、クリッシー・メッツ(『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』)、スターリング・K・ブラウン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』)、マイロ・ヴィンティミリア(『HEROES/ヒーローズ』)、マンディ・ムーア(『グレイズ・アナトミー』)、ジョン・ウエルタス(『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』)など人気ドラマでおなじみの顔ぶれ。

主人公の一人、ケヴィンの声を演じるのは、俳優の高橋一生さん。主人公と同じ36歳の彼は海外ドラマの吹き替えは初挑戦となる。「ドラマを初めて見たとき、国を越えて、30代半ばの人たちが考えたり葛藤したりすることが同じであることに驚きました。私も36歳なのでとても共感できます。特に私が演じるケヴィンは職業が俳優ということもあり、彼の葛藤はとてもよく理解できます。人生に立ち向かっている人や、そうした経験をした人など多くの方に共感してもらえるドラマだと思います。ぜひ、ご覧ください」とコメントしている。

等身大の男女の日常を巧みな脚本と絶妙のキャスティングで描き出し、誰もが共感でき、勇気づけられる、笑いと涙と感動のヒューマンドラマ『THIS IS US 36歳、これから』は、NHK総合にて10月1日(日)23:00放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:『THIS IS US 36歳、これから』
TM & (c) 2016-2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
Artwork (c) 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP