『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』、ドラマでもお馴染みのイケメンが共演!

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』ヒトラーの後継者と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒの暗殺を、史実に基づいて描いた『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』が、8月12日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開される。それに先駆け、先日には予告編が、そして今回は主演二人のキャラクター詳細が明かされた。

暗殺任務を託された二人を演じるのは、『バットマン ビギンズ』、『ピーキー・ブラインダーズ』などで活躍し、この秋『ダンケルク』に出演するキリアン・マーフィと、『フィフティ・シェイズ・ダーカー』、『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』ほか、来年には主演作『The 9th Life of Louis Drax(原題)』の日本公開を控えているジェイミー・ドーナン。両者とも映画だけでなくドラマでも活躍する注目俳優だ。

キリアンは祖国を守るため、打倒ナチスという使命感に燃える若き軍人・ヨゼフとして、内に秘める情熱と、冴えわたる理性を。ジェレミーは、祖国を守るためとはいえ、人を殺さなくてはいけないということへの罪悪感や恐れ、そして愛する人と幸せを築きたいという切ない願いを持つ同志ヤンを演じる。

ほかにも、第76回アカデミー賞の外国語映賞ノミネート作『ジェラリ』で主役を演じたアニャ・ガイスレロヴァや、モデル出身、元お天気お姉さんでありながら、その優れた演技力で『イヴ・サンローラン』や『ザ・ウォーク』で注目されたシャルロット・ル・ボン、『ハリーポッター』シリーズでドビーの声を担当、『ハンガー・ゲーム』や、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』などにも出演したトビー・ジョーンズなど、世界各国からキャストが揃った。

膨大な歴史的資料を調べあげ、本作のための準備に15年もの年月を費やした、ショーン・エリス監督(『フローズンタイム』)による『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』は8月12日(土)新宿武蔵野館ほか全国順次公開。(海外ドラマNAVI)。

Photo:『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』
© 2016 Project Anth LLC All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP