米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ウォーキング・デッド』シーズン8には二人の新キャラが登場

『ウォーキング・デッド』シーズン7世界中で大ヒットしている米AMCの人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』。10月からスタートするシーズン8に、新たに二人のキャラクターが登場することがわかった。米Screen Rantが伝えた。

シーズン6の最後に登場した最恐の悪役ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)によって、ショッキングなシーンを伴って幕を開けたシーズン7は視聴率が低下し、急速なファン離れが指摘された。シーズン8は『ウォーキング・デッド』ファンも納得の形で、コミュニティ間の紛争をスピード感を持って届けるという。

米TV Lineによれば、そんな新シーズンに加わるのは皮肉屋な20代のディロンと、ゾンビ世界の中で長い時間を一人で過ごし精神的に問題を抱えているも、人当たりの良いイスラム系アメリカ人のアブドという二人のキャラクターだという。彼らは原作のコミック版に登場しているわけではなくドラマオリジナルのキャラクターで、どんな道を辿るか推測することは難しい。

シーズン7後半に『ウォーキング・デッド』初となるイスラム系アメリカ人のキャラクターが登場したがこのグループがアブドの居場所となる可能性が高い。一方ディロンは漫画に登場する複数のキャラクターの要素を持ち、彼の皮肉さはドラマの暗いトーンに明るさをもたらすことになるようだ。

『ウォーキング・デッド』シーズン8は米AMCにて10月からスタート。7月にサンディエゴで開催されるコミコンで予告編が公開される予定。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォーキング・デッド』シーズン7
(c) 2016 AMC FILM HOLDINGS LLC. All rights reserved

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP