『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ワールド・プレミア

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス「正義なんてくそ食らえ!」銀河一"ヤバい"愛されヤンキー・ヒーロー・チーム"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"が、ノリと笑いで銀河を守る!? 最強に笑えるアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)に公開! 日本でのスペシャル・イベントに続きワールド・プレミアが開かれた。

アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターに設営された全長およそ100メートルのパープル・カーペット。沿道には数千人のファンが大集結。初の来日に、日本でのイベントでも大興奮の様子だった主演のクリス・プラットや、日本にも多くのファンが存在するジェームズ・ガン監督は、「ARIGATO!!」と日本のファンへの感謝を叫び、日本に続いて迎えたワールド・プレミアに興奮を隠せない様子だった。また、ついにその役名が"スタカー・オゴルド"と明らかとなったシルベスター・スタローンもカーペットに登場。主人公ピーター・クイルの父親役で初登場となるカート・ラッセルと共に、作品に重厚な空気を添えた。

イベントでのキャストからのコメントをご紹介しよう。

・クリス・プラット(ピーター・クイル役)
「日本はどうでしたか?」に対し、「最高〜!!!(日本語で手を合わせながら)アリガトウ〜! 日本庭園や神社やお寺は美しいし、食べ物も美味しくてとにかく何もかもが最高でした。またいつか日本に行くのが待ちきれないよ」

・カート・ラッセル(エゴ役)
「1作目を観て、どうして自分がクリスの父親役に選ばれたのか、納得したよ。1作目があれだけヒットしたから、僕がキャストに加わることに寄って、ぶち壊さないようにってかなりプレッシャーもあったけどね」

・ヴィン・ディーゼル(ベビー・グルート役)
「監督もキャストもこの映画自体もディズニーもマーベルも全部大好き! そんな最高のファミリーの一員になれて光栄に思っている。それに、子供たちを初めてプレミアに連れてこられたのも嬉しかったね」

・シルベスター・スタローン(スタカー・オゴルド役)
「アクション映画はもちろん大好きだけど、こうした一風変わったアクション映画に出るのはすごく新鮮で楽しかったよ。特にマイ・ブラザー(カート・ラッセル)と共演できたのは嬉しかったね」

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ワールド・プレミア
(C) Marvel Studios 2017

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP