米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』ブラッド・ピット&ミショッド監督、来日決定!

『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』Netflixとブラッド・ピットが代表を務める制作会社プランBの共同製作によるアクション大作映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』。5月26日(金)より全世界同時オンラインストリーミング開始となる今作を引っ提げ、主演・プロデューサーであるブラッドとデヴィッド・ミショッド監督が5月下旬に来日し、プレミアイベントと記者会見を行うことが決定した。

本作は、実在の人物を描いたベストセラー原作から発想を得たオリジナル映画であり、一人の将軍の栄光と衰退を描きながら、戦争の不条理さと人間の滑稽さを映し出した新しいスタイルの作品。ブラッドに加え、ティルダ・スウィントン(『ドクター・ストレンジ』)、ベン・キングズレー(『シャッター アイランド』)といったオスカー俳優陣がキャストに名を連ねている。

ブラッドの制作会社プランBは、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』、『ワールド・ウォーZ』、そして本年度アカデミー賞作品を受賞した『ムーンライト』などを手掛けた、ハリウッドで最も勢いのある制作会社。Netflixでもドラマ『The OA』をはじめ、先日発表された今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門にNetflix史上初めて正式出品されることが決定したポン・ジュノ監督の『オクジャ』なども制作しており、挑戦的でハイクオリティな作品を次々と作り続けている。

Netflixでの映画製作に関してブラッドは、「Netflixでしか実現できないようなエキサイティングな映画を作ることが出来、また最先端のコンテンツを使って世界中の視聴者にお届けできる機会に恵まれてとても嬉しいです」と語り、通常の映画の枠には収まらない本作への自信を語っている。

Netflixという新しい表現の場を得たブラッドの来日は、今までの来日とは違った彼の才能と魅力を知ることができる貴重な機会となりそうだ!Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』は5月26日(金)より全世界同時配信。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP