『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

ブロードウェイ版『アナと雪の女王』アナは、『シカゴ・メッド』あの人の妻!

映画版『アナと雪の女王』でアナの声を担当したクリステン・ベル世界中で大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』。そのブロードウェイミュージカル版のキャストがついに発表された。米New York Timesらが報じている。

アナ役に選ばれたのは、パティ・ミューリンで、エルサ役は、ケイシー・レヴィ。二人とも、ブロードウェイやロンドンのウエストエンドで数々の舞台に立っている実力派だという。更にアナ役のパティの夫は、シカゴを舞台にした医療ドラマ『シカゴ・メッド』でコナー・ローズ医師を演じているコリン・ドネルなのだ。『シカゴ・メッド』にはパティがゲスト出演し"夫婦共演"を果たしたエピソードもある。

以前、米Glamourのインタビューで、コリンは自身もブロードウェイ出身で、共通の友人の誕生会でのちに妻となるパティと出会い、9年にわたり友人関係を築いていたと語った。コリンが『ARROW/アロー』へのゲスト出演が終了したのち、再びニューヨークに戻り参加したイベントでパティと再会したのが交際のきっかけだったそうだ。

その他のキャストには、ジェラニ・アラディン(クリストフ)、グレッグ・ヒルドレス(オラフ)、そしてジョン・リドル(ハンス王子)が名を連ねている。ディズニー映画版では白人で描かれているクリストフを、アフリカ系のジェラニが演じる。

ブロードウェイ版の『アナと雪の女王』は、今年の夏よりコロラド州デンバーでトライアウト上演を行ったのち、2018年春にブロードウェイで正式上演予定だ。そのため、パティとコリン夫妻は、シカゴとデンバー、またニューヨークを行ったり来たりすることになりそうだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:映画版『アナと雪の女王』でアナの声を担当したクリステン・ベル
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP