『ゲーム・オブ・スローンズ』シオンの姉を演じるジェマ・ウィーラン、恥ずかしかったシーンを暴露!

ジェマ・ウィーラン世界中で大ヒットしている米HBOのファンタジー大河『ゲーム・オブ・スローンズ』。同シリーズのシーズン2からヤーラ・グレイジョイ役を演じているジェマ・ウィーランが、最も恥ずかしかったシーンについてトーク番組内にて明らかにした。米Hellogigglesが伝えた。

ジェマはトーク番組の『The Graham Norton Show(原題)』に出演。その中で彼女が打ち明けたこれまでで最も恥ずかしかった場面は、シーズン2で弟であるシオン(アルフィー・アレン)と馬に乗り、彼から誘惑されるシーンだった。

実は、ジェマが演じるヤーラは元々アルフィーの実姉である歌手のリリー・アレンにオファーされていた。しかしリリーは、「一緒に馬に乗って、シオンに体を触られるシーンがあると知らされて、いい気分がしなかった。だから、やめておきますと答えたの」と、この場面に気が進まずオファーを断っていた。

実際の撮影ではヤーラは自分の馬に乗せるために彼を誘うだけでよかったが、オーディションではヤーラからシオンを誘惑しなければならなかったといい、撮影よりもオーディションの方が大変な思いをしたそう。しかしそれだけなく、実際の撮影で使用した馬のお腹の調子が良くなく、ずっとおならをしていたというのだ。

過激な描写が多いことで知られる本作なだけに、出演者たちの気苦労も計り知れないだろう。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェマ・ウィーラン
©Capital Pictures/amanaimages

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP