『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

マーベルのTVシリーズ、映画に登場する可能性があるのは?【その1】

『エージェント・オブ・シールド』大ヒット映画『アベンジャーズ』シリーズのスピンオフとして製作され人気を集めている米ABCの『エージェント・オブ・シールド』。映画版からニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンやマリア・ヒル役のコビー・スマルダーズらがゲスト出演するなど、さらにその世界を広げつつある。今後、小さなスクリーンから大きなスクリーンへ羽ばたくヒーローが誕生するのか、英Digital Spyが検証している。

1.『エージェント・オブ・シールド』(ABC)
昨年、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』と『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の両作でプロデューサーを務めたネイト・ムーアは、『エージェント・オブ・シールド』のメンバーがアイアンマンやソー、キャプテン・アメリカらと並んで映画に登場することは可能だとコメントした。本作の主人公フィル・コールソン(クラーク・グレッグ)は2008年の『アイアンマン』で初登場、続編や『マイティ・ソー』にも登場したが2012年の『アベンジャーズ』で殺されてしまい映画からは姿を消すこととなった。しかし、その命を救われたため、現在は国際平和維持組織「シールド」を率いて地球を救うために奮闘している。アベンジャーズの面々は今でも彼が生きていることを知らないため、ここに何か大きな伏線が張られている可能性はある。

しかしながら、昨年あるイベントに参加したスカイ役のクロエ・ベネットが、「マーベルで映画を作っている人たちは、私たちの番組で起きている事を、なんで気にかけてくれないのかなと思うの。みなさんも訊いてみたらどうかしら。向こうは気にしていないみたいなんだもの」と映画とTVの連携が不十分であることに不満をこぼしており、今後はこのような亀裂を埋めていくことも必要になりそうだ。


2.『The Inhumans(原題)』(ABC)
今年放送予定の新ドラマだが、本作は元々2019年公開で映画として製作される予定だった。しかし2016年4月にマーベル・スタジオの新作リリース予定から外され、同年11月にTVシリーズとして製作されることになった。超人スーパーヒーロー、ブラックボルトとその一族の闘いを描く本作には、ブラックボルト役のアンソン・マウント(『イン・ハー・シューズ』)、ブラックボルトの弟マキシマス・ザ・マッド役のイワン・リオン(『ゲーム・オブ・スローンズ』)、メデューサ役のセリンダ・スワン(『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』)、カーナック役のケン・レオン(『LOST』)らが出演予定。最初の2エピソードは9月に2週間限定でIMAX劇場にて上映され、以後のエピソードは米ABCにて放送される。

昨年、マーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長は「(今年公開の)『スパイダーマン:ホームカミング』と一緒にマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の"フェイズ4"を構成する作品として、インヒューマンズの映画を製作する可能性はまだ残っている」とコメントしていた。

3.『The Defenders(原題)』(Netflix)
今年配信予定で、Netflixのオリジナルシリーズ4作品『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』の主人公たちが、ニューヨーク市を救うために力を合わせる本作。

マーベル社のテレビ部門トップであり、製作総指揮を務めるジェフ・ローブは、4作の主人公たちで構成されるディフェンダーズが、ドクター・ストレンジやスパイダーマンと並んで登場する可能性があることを示唆し、「ストーリーに問題がなければ、私たちはお互いのストーリーに入り込めるように最善を尽くすつもりです」とコメント。一方、ルーク・ケイジを演じているマイク・コルターは映画への出演に難色を示し、「映画は何年もかけて製作するものだし、TVシリーズは1年中撮影している。みんなが望んでくれるように進めていくことは難しいだろう」と語っている。

(海外ドラマNAVI)

Photo:『エージェント・オブ・シールド』
(C)2015 ABC Studios & Marvel

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
Playstationから海外ドラマが観られる!
海外ドラマ『TABOO』独占日本初放送スタート 4/25(火)第1話初回無料放送 スターチャンネル
PAGE UP