『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

ピクサー作品を手掛けてきたアンドリュー・スタントンが『ストレンジャー・シングス』に監督として参加

ストレンジャー・シングス大ヒットアニメーション『トイ・スト-リー』シリーズをはじめ、数々のピクサーの人気シリーズを手掛けてきたアンドリュー・スタントンが、Netflixの話題のドラマ『ストレンジャー・シングス 未知との遭遇』で監督を務めることが分かった。米Entertainment Weeklyが報じている。

『ブレイキング・バッド』のジェシー・ピンクマン役で知られるアーロン・ポールや、『ハリー・ポッター』シリーズで主人公ハリーを演じたダニエル・ラドクリフらもファンであることを公言しているほど、セレブの間でも人気が高い本作。このほど監督に選ばれたスタントンもその一人だという。製作総指揮のショーン・レヴィによれば、「アンドリューは出し抜けに僕に電話してきて、"『ストレンジャー・シングス』が大好きなんだ。一員になれて光栄だよ"と話していた」という。スタントンはシーズン2の第5話と第6話で念願の監督を務める。

また、第7話ではレベッカ・トーマス(『エレウトリック・チルドレン』)が監督を務めることも明らかになっている。第1、2、8、9話は本作のクリエイター、マット&ロス・ダファー兄弟が、第3話と第4話はレヴィがそれぞれメガホンを取る。

『ストレンジャー・シングス』は今年度の全米映画俳優組合賞(SAG賞)で作品賞に相当するアンサンブル賞に輝いた。また、ゴールデン・グローブ賞でも作品賞にノミネートされた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ストレンジャー・シングス 未知の世界』
(C)Netflix. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
Playstationから海外ドラマが観られる!
海外ドラマ『TABOO』独占日本初放送スタート 4/25(火)第1話初回無料放送 スターチャンネル
PAGE UP