なぜ、人々はスター・ウォーズに熱狂するのか? "先の読めない展開"の魅力

スター・ウォーズ12月16日(金)より大ヒット公開中の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。新作が公開される度に大きな話題となる今シリーズの魅力を3回に渡る連載で徹底解説していこう。第2回目となる今回は、誰もが夢中になる"先の読めない展開"の魅力をお伝え!

『スター・ウォーズ』シリーズといえば、『エピソード4』、『エピソード5』、『エピソード6』の"オリジナル3部作"と呼ばれる原点となる3作品があるのはご存知だろう。これらには、先日ご紹介した"新3部作"でアミダラが出産した双子のルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナが主人公。そして、暗黒面に堕ちたアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーが登場する。

第1作目となる『エピソード4』では、ルークは反乱軍に加盟。反乱軍のスパイが盗み出した設計図を元に、究極兵器デス・スターを破壊することに成功する。『エピソード5』では、力を取り戻した帝国軍と反乱軍は激しい戦いを繰り広げる。ルークは悪の帝王ダース・ベイダーと遂に対峙するが、ダース・ベイダーから「I am your father」と告げられるのだった。悪の帝王が主人公の父親であるという驚愕の展開は、鑑賞者の度肝を抜いた。そして『エピソード6』で、再び彼らは相まみえる。ルークをダークサイドに引き込もうとするアナキンに対し、彼はその誘いを断固拒否。その果てに良心を取り戻したアナキンは、最期にはルークの腕の中で死んだ。誰もが予想し得なかった怒涛のストーリー展開により『スター・ウォーズ』は単なる"映像美や世界観が優れたSF"という枠を超え、世界中の鑑賞者から絶対的な支持を集めることになったのだった。

実は『ローグ・ワン』には、オリジナル3部作をさらに楽しめる要素と、予想を超える怒涛の展開が目白押し! 今まで語られることがなかった『エピソード4』の直前までに隠されたストーリーを知ることになる。ルークたちがデス・スターを破壊する事を可能にした、設計図を盗み出した反乱軍のスパイこそ、本作で描かれる反乱軍の寄せ集めチーム"ローグ・ワン"なのである。この冬一番の注目作を、ぜひ劇場で目撃して欲しい。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日(金)より大ヒット上映中! 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』デジタル配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』Star Wars: The Empire Strikes Back c & TM 2015 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. ウォルト・ディズニー・ジャパン
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』© 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
今やテレビ、映画にも欠かせない一大ジャンル 「アメリカン・コミックスの世界」
PAGE UP