『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン演じるミアから学ぶ魅力やモテテクニックとは

ラ・ラ・ランド世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』のデイミアン・チャゼル監督の最新作であり、本年度アカデミー賞大本命の極上ミュージカル・エンターテイメント!『ラ・ラ・ランド』が、2017年2月24日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほかにて全国公開となる。この度、クリスマスを目前にエマ・ストーン演じるミアから学ぶ、"夢を追いかける女子がお手本にしたい彼女の魅力"を初解禁写真とともにご紹介していこう。

クリスマスはもう目の前! 夢追う女子は、最高の恋愛も手にできる! ミアから学ぶその秘訣やモテテクニックは、いつも自分のハートに正直であること。常に自分の気持ちに正直なミアの勇気や行動力が、本作品の展開を左右すると言っても過言ではないのだ。ライアン・ゴズリング演じるジャズ・ピアニスト、セブと様々な場所で運命的にめぐり合うミア。その時々によって変わる彼女の表情に初めはクールに振舞っていたセブも徐々に心動かされて...。

TPOに応じたカラフルで彼女らしいファッションも注目ポイントだ。女優を目指しながら映画スタジオのカフェで懸命にアルバイトをするミアの姿からは一変、セブとのデートには色鮮やかでエレガントなドレスをチョイス。踊るたびに広がるスカートの裾はエレガントとさと、少女のような可愛らしさが同居するミアの魅力を最大限に引き出し、観る者全てを魅了する。また女優を目指す彼女の真っすぐなその生き方は、今まさに夢を追う女性たちの憧れであり、自分自身を重ね合わせてしまうこと間違いなし! そして何よりもミアを魅力的に、より素敵にしているのは現在最も輝いている実力派女優エマ自身の魅力。劇中でのコロコロと変わる表情、変顔も躊躇なくトライする自然体なスタイル、女性らしさをきちんと備え、そして時折見せる少女のような無邪気さに、観た人は皆恋に落ちるだろう。

『ラ・ラ・ランド』は2017年2月24日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほかにて全国公開。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ラ・ラ・ランド』
EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone)
in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.© 2016 Summit
Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
Playstationから海外ドラマが観られる!
PAGE UP