『NCIS』ポーリー・ペレット、1年前に起きた恐ろしい事件を振り返る

ポーリー・ペレット大人気シリーズ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のアビー・シュート役で知られるポーリー・ペレットが、約1年前にホームレスから襲われた事件について振り返った。米Peopleが伝えている。

【関連記事】『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』ポーリー・ペレットのCBSジャンケット・インタビュー!

2015年11月5日、ポーリーはハリウッドにある自宅を出て道の向かいに建っている自分のゲストハウスに向かおうとした時、突如見知らぬホームレスの男に襲われた。男は彼女の腕をつかみ、「殺してやる」と言いながら顔を何度も殴打。なんとか男から逃れたポーリーは警察と友人に助けを求め、彼女の協力で作成された似顔絵により犯人が逮捕されたのだった。

現地時間の4日(日)にビバリーヒルズで行われたLGBTQの若者を支援するイベント"TrevorLIVE"に出席したポーリーは、Peopleのインタビューに答え、1年前の恐ろしい事件について振り返った。「いろんな気持ちや感情が渦巻いていたわ。最終的には、少し奇妙に聞こえるかもしれないけど、もしあの事件がこの世界で起こらなければならなかったことだったとしたら、それは私であるべきだったんだと感じるの。私はホームレスや精神疾患を抱えている人たちと働いた経験がたくさんあったから」この事件で心に大きな傷を負ったポーリーだが、何度も治療に通い、少しずつ落ち着きを取り戻した。そして、「あなたが死にそうになる時、誰かに殺されそうになった時、それでも生き延びることができたら、それからのあなたはいろんな考え方を持てるようになるはずよ」と語っている通り、この経験で人生への考え方が変わったという。

文字通り、人生を大きく変える事件に巻き込まれてしまったポーリーだったが、その事件直後に開催された昨年の"TrevorLIVE"のイベントも欠席することはなかった。「私は何年もこのイベントをサポートしているわ。自分たちの街や教会、家では助けてもらうことができないLGBTの子どもたちを支援するというこのイベントは、それほど大切なものなのよ。誰かを助けたり、愛を伝えたり、理解を示してあげたり、話を聞いてあげる場所が必要なの。ここはそういうものを提供できる場所よ。しなければならないの。私たちは誰かの命を救っているの」と、自分が辛い目に遭ったとしても助けなければいけない人たちがいると、このイベントの重要性を訴えた。(海外ドラマNAVI)

Photo:ポーリー・ペレット
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP