E!ZONE dtvで配信中!初回31日間無料配信!

『ドクター・ストレンジ』豪華な吹き替え版キャストが決定!

ドクター・ストレンジマーベル・スタジオが贈る最新作『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)より公開となるが、このたび、実力派女優の二人が声優として参加することが決定した。

ドクター・ストレンジが唯一心を許す元恋人、女医のクリスティーンを松下奈緒さんが、交通事故で外科医としての道を断たれたドクター・ストレンジを、「魔術」の師として導くエンシェント・ワンを樋口可南子さんがそれぞれ演じる。両者とも吹替え声優は今回が初挑戦となり、世界中で大ヒットを続けるマーベル・スタジオの最新作にて声優デビューを果たす。

更に主役のドクター・ストレンジ役には、日本でのベネディクト・カンバーバッチ人気を不動のものとした『SHERLOCK/シャーロック』を始め、多くの作品で彼の吹替えを担当している三上哲さん。そして、ドクター・ストレンジの兄弟子で、共に闇の魔術との戦いに挑むモルド役には、数多くの人気キャラクターを演じている小野大輔さんがあたる。

今回のオファーを受けた際の心境を、樋口さんは「まず私にオファーをくださったことに驚いて、予告編でエンシェント・ワンがものすごくかっこよかったので、"これはやりたい!"と直感的に思いました。エンシェント・ワンは、もう数百歳という理解できない!という設定な上、魔術を使う役です。演じるティルダ・スウィントンさんのお芝居も抑えたお芝居で、魔術が使えるからといってすごく大げさになるわけではなく、淡々と時々笑みを浮かべながら静かにお芝居をするという...本当に難しくて。それにプラスして奥に眠っているエネルギーを出さなくてはいけない。ティルダさんに気持ちを重ねていくしか、私は技術がないのでできないかなと思っています」と語った。

松下さんは「いつか、声のお仕事をやってみたいと思っていたので、今回その夢がひとつ叶ったという気持ちですごく嬉しいです」と明かした。ストレンジの運命をも左右しかねない重要な役どころを樋口さん、松下さんはいかに演じきったのか? 今から気になるところだ!

また、多くの作品でベネディクトの吹替えを担当してきた三上さんは「上から目線であったり、ナイーブだったり、圧倒的な存在感であったりと、今回は一つの作品の中で沢山の彼がみれます。これまでのベネディクトの集大成ですね」と語る。そしてモルド役の小野さんは、「激しいアクションも多いのですが、ストレンジの兄弟子で彼を導く役どころなので、落ち着いた大人の雰囲気を心掛けました」と、深みのあるモルドのキャラクターについて語った。
『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ドクター・ストレンジ』三上哲、樋口可南子、松下奈緒、小野大輔
©2016MARVEL Marvel-japan.jp/Dr-strange

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP