『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2、CWが追加発注を決定

『レジェンド・オブ・トゥモロー』米CWは、DCの最強ヒーローたちがチームとして集結する人気シリーズ『レジェンド・オブ・トゥモロー』のシーズン2を4話分追加発注したと発表した。米Entertainment Weeklyが報じている。

シーズン2は、本来全13話構成となる予定だったが、この度の追加発注で全17話分製作されることになる。先月13日からの放送開始以降、シーズン2は好調な記録をキープしており、合計視聴数の平均値で比較してみると、シーズン1はシリーズ終了後で316万人だったが、シーズン2は現時点で234万人獲得している。

新シーズンでは、「ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ」のメンバー、コマンダースティール(マシュー・マッカアル)を祖父に持ち、原作コミックでは「ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ」の元メンバー、シチズンスティールになるネイト・ヘイウッド(ニック・ザーノ)や、動物界に存在するすべての力や能力や特性を操るスーパーヒーロー、ビクセン(メイジー・リチャードソン=セラーズ)といった原作コミックでも人気のキャラクターたちが新たにチームに加わっており、このことも人気を盛り返した要因に挙げられるようだ。

今月末からは『ARROW/アロー』や『THE FLASH/フラッシュ』、『SUPERGIRL/スーパーガール』とのメガクロスオーバーエピソードの放送もスタートするため、より注目を集めることになるだろう。

『レジェンド・オブ・トゥモロー』シーズン2は、米CWにて毎週木曜日に放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『レジェンド・オブ・トゥモロー』
©2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & © DC Comics.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP