『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

ブラッド・ピット、『ナイト・マネジャー』のトム・ヒドルストンの役をやるはずだった!

ブラッド・ピット英BBCと米AMCの共同制作によるスパイスリラードラマ『ナイト・マネジャー』で主演を務め、先月開催された第68回エミー賞に初ノミネートされたトム・ヒドルストン。1990年代に同作の映画化が検討されていた際、ブラッド・ピットが、トムが演じた役の候補に挙がっていたことが明らかとなった。英Disital Spyなどが報じている。

『ナイト・マネジャー』の原作は、1993年に出版されたスパイ小説家ジョン・ル・カレのベストセラー小説。スイスの名門ホテルでナイト・マネジャーとして勤務し、イギリス兵だった過去を持つジョナサン・パインが、武器商人リチャード・ローパーに愛する女性を殺され、復讐を遂げようとするストーリーだ。

1993年にこの小説が出版された当時、パラマウント・ピクチャーズが映画化権を取得し、『ミッション:インポッシブル』シリーズのロバート・タウンが脚本を手掛け、シドニー・ポラック監督(『愛と哀しみの果て』)がメガホンを取ることになっていた。

しかし、600ページにおよぶ原作を90分ほどの映画にまとめるには難があり、製作は頓挫。その後、ブラッドがプロジェクトに興味を示し、主演とプロデュースを兼任することで話が進んでいたが、やはり映画では登場人物に深みを与えることが難しく、『ナイト・マネジャー』がビッグスクリーンで描かれるには至らなかったのだ。

そして、ドラマ版でリチャードを演じたヒュー・ローリーは、1993年に同作の映画化権を買い取ろうとしたが、パラマウントにより高い値を付けられてしまったのだという。以前のインタビューでヒューは、「実はリチャードではなく、ジョナサンを演じたかった」と明かしている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ブラッド・ピット
(C)Kazumi Nakamoto/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP