アメリカ人気ドラマランキング、再び"NCISファミリー"が3本ランクイン!

ゲイリー・グラスバーグ(2014年 CBSジャンケットにて)全米視聴率ランキングのトップ10(ニールセン調べ)が発表された。順位は以下の通り。

1.『NBC SUNDAY NIGHT FOOTBALL』(NBC)
2.『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』(CBS)
3.『SUNDAY NIGHT NFL PRE-KICK』(NBC)
4.『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』(CBS)
5.『BULL』(CBS)
6.『DECISION'16 PRES ANALYS 1』(NBC)
7.『ザ・ヴォイス(火曜)』(NBC)
8.『ザ・ヴォイス(月曜)』(NBC)
9.『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』(CBS)
10.『アメリカン・ダンシングスター』(ABC)

今回発表されたのは、9月26日(月)の週。前週に続いてNFLの番組が首位になったが、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』とそのスピンオフ(前週の『NCIS:ニューオーリンズ』に代わり、今回は『NCIS:LA ~極秘潜入捜査班』)、そして『NCIS』のアンソニー・"トニー"・ディノッゾ役でおなじみのマイケル・ウェザリーが主演する新作ドラマ『BULL』がトップ10に入った。ショーランナーを務めていたゲイリー・グラスバーグが9月下旬に突然50歳で亡くなるというショックに襲われた『NCIS』シリーズを、ファンも支えているようだ。

ほかには、人気コメディ『ビッグバン★セオリー』、オーディション番組『ザ・ヴォイス』も、10位圏内をキープ。また、リオ五輪中に世間を騒がせた競泳選手ライアン・ロクテが参加していることでも話題のリアリティ番組『アメリカン・ダンシングスター』のシーズン23が1000万人の視聴者を獲得し10位に登場している。(海外ドラマNAVI)

Photo:ゲイリー・グラスバーグ(2014年 CBSジャンケットにて)
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP