『ブラインドスポット<ファーストシーズン>』4.26ブルーレイ&DVDリリース デジタル配信同時開始

米NBCの期待作『Timeless』、スペインの制作会社に著作権侵害で訴えられる

マット・ランター米NBCで10月3日(月)に放送が始まる新作SFドラマ『Timeless(原題)』。その放送数日前というタイミングで、制作・配給元のソニーや製作者たちが著作権侵害や契約不履行により訴えられた。

『Timeless』は、科学者、軍人、歴史学教授から成るチームが、タイムマシンで時間をさかのぼり、アメリカの歴史を変える謎の犯罪者の企てを阻止しようとする物語。『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』のエリック・クリプキと、『ザ・シールド ~ルール無用の警察バッジ~』のショーン・ライアンが製作総指揮を務めている。キャストは『THE FLASH/フラッシュ』のチャド・ルック、『新ビバリーヒルズ青春白書』のマット・ランター、『SUITS/スーツ』のアビゲイル・スペンサーなど。

米Deadlineなどが伝えたところによると、スペインの制作会社オンサ・パートナーズは、同社制作のTVドラマ『El Ministerio del Tiempo』(時間省)のアイデアを盗用したとして、ソニー、NBCユニバーサル、ライアンとクリプキを訴えたという。

カリフォルニア州連邦裁に提出された資料によると、『時間省』のアメリカ版を作りたいと考えたオンサ社の社長は、昨年、エージェントにDVDを渡し、ソニーとともに交渉を進めていた。しかし、ソニーはいきなり交渉を断ち切り、オンサの同意なしに『時間省』の設定を用いた作品を作ったとのこと。

なお、ソニーとNBCは本訴訟に関するコメントを控えている。今秋の注目作だけに、訴訟はどう決着がつくのか気になるところだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:マット・ランター
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
海外ドラマ『TABOO』独占日本初放送スタート 4/25(火)第1話初回無料放送 スターチャンネル
PAGE UP