『私立探偵マグナム』続編企画が浮上! 今度は娘が主人公に

トム・セレック80年代の人気ドラマシリーズ『私立探偵マグナム』の続編を作る企画が、米ABC局にて動いていることを、米Hollywood Reporterなどが報じた。

『私立探偵マグナム』は、1980年から8シーズンにわたって米CBSで放送されたアクションドラマ。ハワイのオアフ島で探偵業を営むトーマス・マグナムが、ベトナムの戦友たちと共に、赤いフェラーリとヘリコプターを駆って活躍する。主演のトム・セレックは本作で一躍有名になった。

その続編ドラマは、オリジナル版で4エピソードにわたって登場したマグナムの娘、リリー・"トミー"・マグナムが主人公となる。父親の探偵業を継ぐためにハワイに戻ってきたリリーは、友人たちと共に、国際的犯罪や諜報活動の暗部に取り組むほか、海軍諜報部に属していたリリーのキャリアに終止符を打った作戦の謎を解明しようとする。

脚本と製作総指揮を担当するのは、『レバレッジ ~詐欺師たちの流儀』のクリエイターであるジョン・ロジャース。また、女優だけでなくプロデューサーとしても活躍するエヴァ・ロンゴリア(『デスパレートな妻たち』)が、製作総指揮に名を連ねる。

なお、今年の秋の米ドラマ界は、『冒険野郎マクガイバー』『リーサル・ウェポン』『エクソシスト』など、有名な映画やTVシリーズのリブート作品が目白押し。本企画の進展にも注目していきたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:トム・セレック
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP