『ブルーブラッド』ジェニファー・エスポジート、『アフェア』に再出演

ジェニファー・エスポジート第72回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門作品賞と主演女優賞の2冠に輝いた『アフェア 情事の行方』のシーズン3に、ジェニファー・エスポジート(『ブルーブラッド ~NYPD家族の絆~』)が再登場することが明らかになった。米Varietyが報じている。

本作は、ダイナーで偶然出会い、それぞれ抱える苦悩からお互いに家族を持ちながらも惹かれ合い不倫へと踏み込んでいくノア(ドミニク・ウェスト)とアリソン(ルース・ウィルソン)を中心に描く物語。シーズン2の3つのエピソードに出演していたジェニファーは、ノアの妹ニナを演じていた。新シーズンでは少なくとも4つのエピソードに登場するようで、米Showtimeで11月20日(日)に放送されるシーズン3の第1話から出演する。

2016年~2017年シーズンは『アフェア』のほかに、大人気ドラマ『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のシーズン14にレギュラー出演することが決まっているジェニファー。彼女が同作で演じるのは、シーズン13をもって降板したアンソニー・"トニー"・ディノッゾ役のマイケル・ウェザリーの後釜という大役になるそうだ。

『アフェア 情事の行方』シーズン3は米Showtimeにて11月20日(日)から放送開始。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジェニファー・エスポジート
(C)Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP