『Glee』リー・ミシェル、ヌードになった雑誌表紙で"フィン"のタトゥーを公開

リー・ミシェルとコーリー・モンテース青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』のリー・ミシェルが、ヌード姿で雑誌の表紙に登場し、左のお尻に彫られている "Finn(フィン)"(恋人だった故コーリー・モンテースの『Glee』での役名)のタトゥーを披露した。米Entertainment Weeklyなど複数のメディアが報じている。

英フィットネス情報誌「Women's Health UK」の表紙をヌード姿で飾ったリーは、「私は完璧ではないけど、ダメなところも含めて自分が大好きよ。今、身体的にも精神的にも一番良い状態なの」とインタビューで応え、恋人の死という非常につらい経験を乗り越え、安定した日常を送っていることを明かした。彼女は"Finn"という文字以外にも、彼がドラマで着用していたユニフォームの背番号「5」のタトゥーと、亡くなる前に交わした最後の言葉「If you say so(君がそう言うなら)」(リーの"I love you more(もっと愛してる)"に対しての返事)のタトゥーも入れている。

誌面のインタビューでは、「落ち込んでしまう日もあるけれど、そんな日々も幸せな時と同じように受け入れているの。(落ち込んだ時は)マカロニチーズを作り、ママを呼んで赤ワインを用意して、リアリティ番組なんかを観るわ」と気持ちを保つ方法も明かした。ヴィーガン(絶対菜食主義者)としても知られており、「家でもグルテンフリーとヴィーガンを徹底していることはとても重要なの。スナックが欲しくなっても、健康的なものしかないから」と語り、その意識の高さを感じさせた。

さらに『Glee』終了後、時間にゆとりができてからは様々な運動にも励んでおり、特に音楽に合わせてバイクを漕ぎながらトレーニングをする「ソウルサイクル」のレッスンに日常的に通っているそう。「エンドルフィン(多幸感をもたらす脳内神経伝達物質)がすごく出て、まるで世界を率いているような気分になれるのよ」と、リフレッシュ方法も明かした。

リーの出演するホラーコメディ『Scream Queens(原題)』シーズン2は、米FOXにて9月20日(火)よりスタートとなる。(海外ドラマNAVI)

Photo:在りし日のリー・ミシェルとコーリー・モンテース(2012年8月)
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP