米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『シャナラ・クロニクルズ』オースティン・バトラー、『ゲーム・オブ・スローンズ』に感化される?

『シャナラ・クロニクルズ』米MTVが初めて製作し、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』『ジャングル・ブック』)を製作総指揮に迎えて核戦争後の地球を壮大なスケールで描いたサバイバル・アクション『シャナラ・クロニクルズ』。同作で主役、人間とエルフのハーフであるウィルを演じるオースティン・バトラーが、新シーズンにやってみたいことを口にしている。

先日サンディエゴで開催されたコミコンに、シリーズの原作者であるテリー・ブルックスとともに出席したオースティン。サイン会でファンを熱狂させた彼はまず、ファースト・シーズンについて回想。「撮影中は、(VFXシーンでは)ブルーのレオタードを着た人を相手に演じたりしたけど、それがどんなビジュアルになるか分からなかった」と現場での苦労をふり返った。

続けて、まもなく撮影が始まるセカンド・シーズンにも言及し、「ストーリーがどうなっていくかに興奮しているよ。ウィルが少年から大人になっていくことにね。前シーズンの最後でとても大きなものを失った彼が今後、どう変化し、進化していくかにワクワクしているよ。また、劇中に出てくる4つの国がどうなっていくかといったことにもね」と期待を寄せた。ただ、その内容については「脚本作りがスタートしたところだから、僕もまだ何も知らない」そうで、「テリーがここに来ているから、僕らが何をすべきか、彼に聞いてみるよ」と、一緒に来ていた原作者にも絡めて冗談を飛ばした。

そんな彼は、スタントをもっとやりたいとのこと。「前のシーズンの中にあった、馬に引きずられるシーンは痛かったよ。かなりの速さで、鼻を折ったと思ったぐらいなんだ」と大変だったシーンを思い返しながらも、「スタントは好き」と断言するオースティンの"スタント熱"は、別のファンタジードラマに感化されている部分もあるようだ。「実は今、遅ればせながら『ゲーム・オブ・スローンズ』を見ているところなんだけど、その中に剣を使ったすごいバトルシーンが出てくるんだ。僕ももっと剣のアクションをやってみたい。ウィルに剣を使ってカッコいいことをやらせたいね」と野望を明かしている。ファースト・シーズンでのウィルは、エルフである父親の影響で、剣を持つよりも魔法を使って敵と対抗することが多かったが、今度は新しい彼が見られるかもしれない。

■『シャナラ・クロニクルズ<ファースト・シーズン>』商品情報
ブルーレイ&DVD好評発売中
「シャナラ・クロニクルズ<ファースト・シーズン>コンプリート・ボックス」
ブルーレイ...11,300円+税/DVD...9,400円+税
DVDレンタル、デジタルセル・レンタル配信中
発売・販売元:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント

(海外ドラマNAVI)

Photo:『シャナラ・クロニクルズ』
(C)2016 Viacom International Inc. and Sonar Entertainment Distribution, LLC.
All Rights Reserved.MTV, The Shannara Chronicles and all related titles,
logos, and characters are trademarks of Viacom International Inc.

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP