米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

犯罪サスペンス『第一容疑者』スピンオフ、主人公テニスン役が決定

オリジナルシリーズで主演を務めたヘレン・ミレン1990年代からイギリスで放送された人気犯罪ドラマ『第一容疑者』の前日譚を描くスピンオフで、若き主人公ジェーン・テニスン役に新人女優のステファニー・マティーニが選ばれた。米Varietyが報じている。

『第一容疑者』は、主人公である女性刑事テニスンが、男性優位の社会で奮闘しながら事件を解決してゆく物語。1990年代から2000年代にかけて放送されたオリジナル版は、オスカー女優ヘレン・ミレン(『クィーン』)が主演を務め、エミー賞をはじめ数々の栄誉を手にした。2011年には米国でリメイク版が製作され、『ER 緊急救命室』のマリア・ベロが主人公を演じている。

今回のスピンオフで1970年代にロンドン市警で刑事としてのキャリアを歩み始めたテニスンを演じるステファニーは、英ITVで今年放送された『新米刑事モース ~オックスフォード事件簿~』で本格的にデビューして以降、ITVの『Doctor Thorne(原題)』、米NBCの『Emerald City(原題)』とTVシリーズで活躍している新人女優だ。共演者には、サム・リード(『レイルウェイ 運命の旅路』)、ブレイク・ハリソン(『思春期まっただ中』)、アラン・アームストロング(『ニュー・トリックス ~退職デカの事件簿~』)、ルース・シーン(『埋もれる殺意 ~39年目の真実~』)、レックス・シュラプネル(『HUNTED/ハンテッド』)、ジェイ・テイラー(『ファイナル・テッドクルーズ』)らが名を連ねる。また、警察の同僚キャス・モーガン役でジェシカ・ガニング(『LAW & ORDER:UK』)、上司サージェント・ハリス役でアンドリュー・ブルック(『ダ・ヴィンチと禁断の謎』)も出演する。

監督はデヴィッド・キャフリー(『ディボーシング・ジャック』)が務め、脚本はオリジナルの原案者リンダ・ラ・プラントが執筆する。(海外ドラマNAVI)

Photo:オリジナルシリーズで主演を務めたヘレン・ミレン
(C)Izumi Hasegawa/HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP