米TV界で各賞受賞の傑作ドラマ「ブレイキング・バッド」の人気キャラクター、ソウル・グッドマンを主人公にした「ブレイキング・バッド」の前日譚ドラマ

『ハウス・オブ・カード』ロビン・ライト、"夫"と同額のギャラをゲット!

ロビン・ライトNetflixの政治ドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』で主人公フランク・アンダーウッド(ケヴィン・スペイシー)の妻クレアを演じるロビン・ライトが、交渉の末にケヴィンと同額の報酬を受け取れるようになったことが明らかになった。

【関連記事】一番稼いでいるのは誰!? ドラマ俳優の気になる出演料、おいくらでしょう? <前編> ケヴィン・スペイシーは2014年俳優ランキングで堂々1位!

米Huffington Postによると、ロビンはロックフェラー財団のイベントに出席し、『ハウス・オブ・カード』についての話を展開。その中で、「"ケヴィンと同じくらいギャラを払ってほしい"と思っていたのよ」と明かした。彼女はケヴィンと同様にこれまで全52話に出演しており、さらにいくつかのエピソードでは監督を務め、最近ではケヴィンとともに製作総指揮としても参加している。

ロビンは、本作が象徴的な女性のキャラクターを取り上げたことにも称賛している。「男性の家長と女性の家長が同等に扱われる映画やTV番組は、ほとんどないわ。『ハウス・オブ・カード』はそれが叶ったドラマよ」

彼女は続けて、「クレア・アンダーウッドというキャラクターは、フランクより人気を集めているの。だから、それを利用したのよ。"私にもっとギャラを支払って。じゃないと、世間に公表するわよ"ってね。そしたら、制作サイドは認めてくれたわ」

ハリウッド内での男女の格差は、以前から問題視されている。ハリウッドで最も稼いでいる映画女優のジェニファー・ローレンス(『ハンガー・ゲーム』)は、昨年10月に「男性共演者に比べて、なぜ私は報酬が少ないのか」というエッセーを書き、話題を呼んだ。また、『X-ファイル』でスカリー役を演じるジリアン・アンダーソンは、同作の新シリーズについて交渉が行われた当初、自分に提示された金額がモルダー役のデヴィッド・ドゥカヴニーの半分だったことを告白し、業界の問題を提起した。現在、女優休業中のエマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』)は、男女平等を世間に訴えかけている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ロビン・ライト
(C) Jun Matsuda/www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP