『スーサイド・スクワッド』ジョエル・キナマン、タトゥーアーティストの恋人と結婚!

ジョエル・キナマン犯罪サスペンスドラマ『THE KILLING ~闇に眠る美少女』のスティーブン・ホールダー役で知られ、今年は、アメコミの悪役が集結する話題作『スーサイド・スクワッド』の公開が控えているジョエル・キナマン。スウェーデン出身の彼が、タトゥーアーティストの恋人と結婚していたことが分かった。

【関連記事】海外ドラマスターを追え!:ジョエル・キナマン(Joel Kinnaman)

米E!Onlineによると、米CBSのトーク番組『The Talk』にゲスト出演したジョエルが、全米では8月5日(金)に公開される『スーサイド・スクワッド』について語っていた時のこと。ジョエルと本作の共演者が一緒にタトゥーを入れた話になった際、司会者の一人アイシャ・タイラーが、「確か、あなたの恋人はタトゥーアーティストなのよね。彼女は、このタトゥーを気に入っているの?」と尋ねると、ジョエルが「"妻"だよ」と訂正したことで、結婚していたことが明らかとなった。

2014年末に、タトゥーアーティストのクレオ・ワッテンストロムさんとの交際をスタートさせたジョエルが、いつ彼女と結婚したのかなど詳細は不明。あまり私生活を公にしないことで知られるジョエルは、彼の出演作『ラン・オールナイト』のプレミアにクレオさんを伴って出席したことがあったが、一緒に公の場に姿を見せたことは数えるほどしかないとのこと。ジョエルは2012年から、社会派ドラマ『ニュースルーム』のスローン役で知られるオリヴィア・マンと恋人関係にあったが、2014年に破局している。

ジョエルが軍人リック・フラッグを演じる『スーサイド・スクワッド』は、日本では9月10日(土)より全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:ジョエル・キナマン
(C)Kazuki Hirata /www.HollywoodNewsWire.net

シェアする このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE UP